アンノウン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンノウン
Unknown
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 スティーヴン・コーンウェル
オリヴァー・ブッチャー
原作 ディディエ・ヴァン・コーヴラール
製作 ジョエル・シルバー
レナード・ゴールドバーグ
アンドリュー・ローナ
製作総指揮 スーザン・ダウニー
ピーター・マカリーズ
サラ・メイアー
スティーヴ・リチャーズ
出演者 リーアム・ニーソン
音楽 ジョン・オットマン
アレキサンダー・ルッド
撮影 フラビオ・ラビアーノ
編集 ティム・アルヴァーソン
製作会社 ダーク・キャッスル・エンターテインメント
スタジオ・バーベルスベルク
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年2月18日
日本の旗 2011年5月7日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $130,786,397[1]
テンプレートを表示

アンノウン』(原題: Unknown)は、2011年アメリカサスペンス映画である。ディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説『Out of My Head』[2]を、スティーヴン・コーンウェルオリヴァー・ブッチャーが脚本化し、ジャウム・コレット=セラが監督した。

ストーリー[編集]

アメリカの植物学者マーティン・ハリス博士はバイオテクノロジーの国際学会に出席するために妻エリザベス(リズ)とともにベルリンにやって来る。タクシーでホテルに着くと、荷物を1つ空港に忘れて来たことに気付いたマーティンは妻をホテルに残し、通りかかったタクシーを捕まえて空港に向かう。ところが突然の事故でタクシーごと川に飛び込んでしまう。タクシー運転手ジーナのおかげなんとか救出されたマーティンは収容された病院で4日間の昏睡状態から目を覚ます。事故前後の記憶が曖昧だが、妻に心配をかけていると思ったマーティンはホテルに向かう。しかし妻はマーティンを「知らない人」と言い放つ。しかも見ず知らずの男が「マーティン・ハリス博士」を名乗っていることを知る。パスポートもなく、自分が自分であることを証明できないマーティンは自分自身の記憶にすら自信が持てなくなる。

ところが自分が拉致されそうになったことで、何らかの「陰謀」があることを確信したマーティンは、看護師に教えてもらった元シュタージの男ユルゲンと運転手ジーナに協力してもらい、真相を突き止めようとする。

キャスト[編集]

マーティン・ハリス博士
演 - リーアム・ニーソン、声 - 石塚運昇
アメリカ植物学者。学会出席のために妻とともにベルリンにやって来た。
ジーナ
演 - ダイアン・クルーガー、声 - 岡寛恵
タクシー運転手。ボスニアからの不法移民
エリザベス・ハリス
演 - ジャニュアリー・ジョーンズ、声 - 佐古真弓
マーティンの妻。
もう1人のマーティン・ハリス
演 - エイダン・クイン、声 - 辻親八
「マーティン・ハリス」を名乗る謎の男。
エルンスト・ユルゲン
演 - ブルーノ・ガンツ、声 - 小島敏彦
東ドイツ秘密警察シュタージのメンバーだった男。
ロドニー・コール
演 - フランク・ランジェラ、声 - 楠見尚己
マーティンの友人。
レオ・ブレスラー教授
演 - セバスチャン・コッホ
ドイツの植物学者。

製作[編集]

主要撮影は2010年初めにドイツベルリンで始まった[3][4]

公開[編集]

第61回ベルリン国際映画祭でコンペティション外にて上映された[5]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは185件のレビュー中55%が本作を支持し、平均点は5.8/10となった[6]Metacriticでは38名の批評家レビューに基づいて56点となった[7]

邦題[編集]

本作は当初『身元不明』の邦題で日本公開が予定されていたが、東北地方太平洋沖地震が発生したため、2011年3月22日に配給元のワーナー・ブラザースが『アンノウン』への変更を発表した。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Unknown (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月3日閲覧。
  2. ^ Dargis, Manohla (2011-02-17). "Me, My Doppelgänger and a Dunk in the River". The New York Times. Retrieved 2011-02-18.
  3. ^ Movieweb.com: Unknown White Male Starts Principal Photography”. 2011年2月14日閲覧。
  4. ^ IMDb: Filming locations for Unknown White Male”. 2011年2月14日閲覧。
  5. ^ The 'Competition' of the 61st Berlinale”. Berlinale.de (2011年1月18日). 2012年2月1日閲覧。
  6. ^ Unknown”. Rotten Tomatoes. 2012年2月1日閲覧。
  7. ^ Unknown”. Metacritic. 2012年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]