ディオル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディオル・エルヒール(Dior Eluchíl、太陽の時代470年 - 505年)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。エル・シンゴルの後を継ぎドリアスの王となった。ルーシエンの死後、宝玉シルマリルを受け継ぐが、フェアノールの息子たちとの戦いで命を落とした。

「エルヒール」とは、シンダール語で「エルウェの末裔」を意味する。

父はベレン。母はルーシエン、妻はケレボルンの姪ニムロス、娘にエルウィング、息子にエルレードとエルリーン

エルウェの末裔[編集]

ディオルは、ベレンルーシエンの息子としてオッシリアンドで生まれた。かれは人間エルダールとの間に生まれた最初の存在であり、また母を通じてマイアの血も受け継いでいた。ノグロドドワーフによって祖父であるドリアスの王エル・シンゴルが殺害されると、かれは父ベレンとともに緑のエルフを従えて出陣し、ドワーフたちを打ち倒した。シンゴル王とドワーフの争いの元となった宝玉シルマリルは、かれの母ルーシエンのものとなった。ディオルはシンゴルの世継として、妻のニムロス、娘のエルウィング、息子のエルレードとエルリーン、とともメネグロスに移り住んだ。

ドリアスの滅亡[編集]

ルーシエンがこの世を去ると、ディオルがシルマリルを受け継いだ。フェアノールの息子たちはこれを引き渡すよう要求したが、ディオルは返答しなかった。するとケレゴルムはその兄弟たちを煽りたて、フェアノールの誓言にしたがってドリアスを襲い、これを滅ぼした。ディオルはフェアノールの息子たちのうち、ケレゴルム、カランシアクルフィンを打ち倒したが、ディオルもまた討ち死にし、妻のニムロスも殺された。エルレードとエルリーンはケレゴルムの配下だったものにさらわれて、森に置き去りにされた。しかしエルウィングは生存者らとシリオンの河口に落ち延び、シルマリルはかの女とともにあった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


半エルフの系図[編集]

フィンウェ
 
インディス
 
 
 
ハドル家
 
 
ベオル家
 
シンゴル
 
メリアン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴルフィン
 
アナイレ
 
ガルドール
 
 
バラヒア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレンウェ
 
トゥアゴン
 
 
 
フオル
 
 
ベレン
 
 
 
ルーシエン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イドリル
 
 
 
 
 
トゥオル
 
ニムロス
 
ディオル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアレンディル
 
 
 
エルウィング
 
 
 
エルレードと
エルリーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガラドリエル
 
ケレボルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルロス
 
 
 
エルロンド
 
ケレブリーアン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌーメノール
の王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルノール
の王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラゴルン
 
 
 
アルウェン
 
 
エルラダンと
エルロヒア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルダリオン
 
 
 
数人の娘