アナイレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナイレ(Anairë)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台として著した遺稿を元にクリストファ・トールキンが編纂した『中つ国の歴史』の登場人物。ノルドール・エルフの女性で、ベレリアンドにおけるノルドールの上級王フィンゴルフィンの妻。

夫はフィンゴルフィン。息子にフィンゴントゥアゴンアルゴン[1]。娘にアレゼル

ノルドールの叛乱では、アナイレの夫と子供たちは中つ国へ渡っていったが、アナイレはフィナルフィンの妻エアルウェンとの友情のため、アマンを去らなかった。

「アナイレ」はクウェンヤで、「最も聖なる者」(Airë="聖"、 An-=最上級形)を意味する。中つ国へ来たことがないため、シンダール語の名前はない。

[編集]

  1. ^ アルゴンは、『中つ国の歴史』として出版された、トールキンの極めて後期の文献のみに現れ、『シルマリルの物語』には現れない。

フィンゴルフィンの系図[編集]

 
フィンウェ
 
インディス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴルフィン
 
アナイレ
 
フィナルフィン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴン
 
トゥアゴン
 
エレンウェ
 
アレゼル
 
エオル
 
アルゴン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イドリル
 
 
 
 
 
マイグリン