ディアスポラ博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大学内のディアスポラ博物館
展示の先頭を切るローマの凱旋門(複製)

ディアスポラ博物館ヘブライ語: בית התפוצות‎、英語: Beth ha-Tefutsoth )とは、テルアビブテルアビブ大学の構内に設置されたユダヤ人の歴史であるディアスポラの歴史を展示した博物館である。

概要[編集]

ディアスポラ博物館は1978年5月に世界ユダヤ人会議の創設者であり議長であったナフーム・ゴールドマンの発案により開館した。開館当時の同博物館は世界においてもっとも革新的な博物館のひとつとしてみなされた[1]。ユダヤ人がイスラエルの地から流浪してから現在に至るまでの世界各地におけるシナゴーグなどユダヤ人コミュニティに関する展示がなされている。イスラエル政府は、2011年に新しい技術を用いて同博物館を拡張して最新にする計画を承認した[2]

脚注[編集]

  1. ^ [1] ユダヤ人のディアスポラ博物館
  2. ^ [2] ディアスポラ博物館の拡張計画の承認

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度06分49.72秒 東経34度48分18.94秒 / 北緯32.1138111度 東経34.8052611度 / 32.1138111; 34.8052611