テングハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テングハギ
Bluespine unicornfish green island.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ニザダイ亜目 Acanthuroidei
: ニザダイ科 Acanthuridae
: テングハギ属 Naso
: テングハギ N. brevirostris
学名
Naso unicornis
(Forsskål, 1775)
英名
Bluespine unicornfish

テングハギ(学名:Naso unicornis 英米:Unicorn Tang)は、スズキ目ニザダイ科に分類される海水魚の一種。

分布[編集]

西・中部太平洋インド洋に分布する[1]

特徴[編集]

体長は50cm。体色は黒褐色で、尾柄の骨質板は青黒色となる[1]。前頭部に角のような突起がある[1]。尾びれ後縁の両葉端は糸状に伸びる[1]。背びれは5-6棘27-30軟条、しりびれは2棘27-29軟条[1]

サンゴ礁に生息し、藻類を食べる。

近縁種[編集]

近縁種のヒメテングハギ
  • ヒメテングハギ Naso annulatus (Quoy & Gaimard, 1825)
  • オニテングハギ Naso brachycentron (Valenciennes, 1835)
  • ツマリテングハギ Naso brevirostris (Cuvier, 1829)
  • テングハギモドキ Naso hexacanthus (Bleeker, 1855)
  • ミヤコテングハギ Naso lituratus (Forster, 1801)
  • ナガテングハギモドキ Naso lopezi Herre, 1927
  • ゴマテングハギモドキ Naso maculatus Randall & Struhsaker, 1981
  • ボウズハギ Naso thynnoides (Cuvier, 1829)
  • トサカハギ Naso tuberosus Lacépède, 1801
  • サザナミトサカハギ Naso vlamingii (Valenciennes, 1835)

利用[編集]

沖縄ではチヌマンと呼び、刺身などにする。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 多紀保彦・河野博・坂本一男・細谷和海 『新訂 原色魚類大圖鑑 圖鑑編』 北隆館2005年12月15日ISBN 4-8326-0820-7p.871