テワンテペク地峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テワンテペク地峡

テワンテペク地峡(テワンテペクちきょう、スペイン語:Istmo de Tehuantepec)は、メキシコに位置する地峡であり、メキシコ湾から太平洋までの距離が最も短い場所である。テワンテペクの名前は、ナワトル語ジャガーの丘を意味するtecuani-tepecに由来する。

地理[編集]

テワンテペク地峡はメキシコの西経94度から96度の部分に位置する。地峡の西側にはベラクルス州オアハカ州、東側にはタバスコ州チアパス州がある。

メキシコ湾から太平洋までの距離は、最も短い場所で 200 km 程である。南シエラマドレ山脈の東端であり、地峡の部分は比較的なだらかな地形となっている。テワンテペク地峡を横切るテワンテペク鉄道の最高地点の標高は 224 m である。

地峡の北側には沼地熱帯雨林が広がっている。これらはテワンテペク鉄道の建設時に大きな障害となった。1907年に完成した鉄道はカンペチェ湾側のプエルト・メヒコから南にマティアス・ロメロを通り、テワンテペク湾の西側のサリナ・クルスへと続く。

関連情報[編集]

セルゲイ・エイゼンシュテインの映画、メキシコ万歳で描かれているのはこの地域である。

出典[編集]

  • 大貫良夫、落合一泰、国本伊代、恒川恵市、福嶋正徳、松下洋 『ラテン・アメリカを知る事典』 平凡社、1987年ISBN 4582126251