ツメタガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タマガイ科
Neverita didyma.jpg
ツメタガイ
(千葉県・幕張の浜)
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
亜綱 : 直腹足亜綱 Orthogastropoda
上目 : 新生腹足上目 Caenogastropoda
: 吸腔目 Sorbeoconcha
亜目 : 高腹足亜目 Hypsogastropoda
下目 : タマキビガイ下目 Littorinimorpha
上科 : タマガイ上科 Naticoidea
: タマガイ科 Naticidae
: ツメタガイ属 Glossaulax
: ツメタガイ G. didyma
Röding, 1798
亜種 : G. didyma
学名
Glossaulax didyma
和名
ツメタガイ(砑螺貝/津免多貝)
英名
Bladder Moon shell

ツメタガイ(砑螺貝/津免多貝、Glossaulax didyma)は、軟体動物門に属するタマガイ科巻貝。東アジアから南アジアの砂浜に多く普通に見られる。

特徴[編集]

潮間帯から水深10cm~50cm程度の砂地の浅海に多く分布し、殻幅50mm程度に達する中型の巻き貝。殻の色は紫褐色から黄褐色を呈する。底部は白色で滑らか。蓋は半円形となる。夜行性で、砂の中を活発に動き回る。また軟体部は殻から大きく露出し、殻を完全に覆いつくす。 肉食性であり、アサリなどの二枚貝を捕食する。アサリなどの二枚貝を捕まえると、やすりのような歯舌を用いて獲物の殻の最も尖ったところである殻頂部を平らに削っていき、2mm程度の穴をあけて軟体部を食べる[1] 。 繁殖期は春で、5月頃、茶碗をかぶせたような形に卵塊を作る。その形から通称「砂茶碗」と呼ばれる。 生息環境により形が変化し、内海のものは臍索中央の溝が殻軸と直角方面に伸び、臍穴がふさがらないが、外洋に分布するものは臍索の中央の溝が曲がっていて、臍穴が密閉する形となり、ホソヤツメタ (Glossaulax didyma hosoyai KIRA) と呼ばれる。

分布[編集]

インド以東、西太平洋の浅海に分布する。日本では北海道以南から沖縄にかけて広く分布する。

日本における近縁種[編集]

近縁種として、ツメタガイ属は本種および絶滅種を含み、本属が日本近海に出現したのは中新世頃と考えられており、北米大陸原産のGlossaulax sp.から分化したと考えられる。また、適応の過程で種の分化が起こり、化石種を含め7種が確認されている[2][3] [4]

種名 分布 概説 殻底 臍穴壁 索溝
ツメタガイ
(G. didyma (Roding, 1798))
ツメタガイ属の基準種。中期中新世の初め頃、北米大陸のGlossaulx sp.より分化して出現。北海道以南から、インド以東の西太平洋に広く分布。 殻径3 - 5cm。
紫褐色から黄褐色。
白く平滑 深く明確な螺状溝 深い
ヒメツメタガイ
(G. vesicalis (Philippi, 1848))
更新世前期にG. didymaより分化した種。本州(能登半島・房総半島以南)から九州に生息。 殻高4cm程度。
殻は薄く灰褐色で、胎殻は赤褐色。
白く平滑 深く明確な螺状溝 浅い - 深い
G. hyugensis (Shuto, 1964) 後期中新世ないし前期鮮新世にG. didymaから分化した種。絶滅種。   角ばっている 平滑 浅い - 深い
G. hagenoshitensis (Shuto, 1964) 後期鮮新世にG. hyugensisから分化した種。絶滅種。   角ばっている 平滑 浅い
G. nodai Majima (1985) 後期鮮新世にG. hyugensisから分化した種。絶滅種。   角ばっている 平滑 浅い
ソメワケツメタガイ
(G. bicolor (Philippi, 1848))
後期中新世頃にG. didymaから分化。本州(駿河湾以南)から南西諸島、東南アジアに広く分布する。 殻高3cm程度。
殻口内が濃褐色と淡褐色の2色に分かれる。
丸みを帯びる 二重の螺状溝 深い
ハナツメタガイ
(G. reiniana (Dunker, 1877))
鮮新世中期頃にG. didymaから分化。本州(男鹿半島・房総半島以南)から南西諸島に生息する。 殻高4cm程度。
ツメタガイと比較してやや小型で螺塔がやや高い。
平滑 深く明確な螺状溝 やや浅い

生活との関わり[編集]

本種は比較的大きくかつ個体数が多いことに加え、人間の生活環境の近くに分布することから、人間生活に深いかかわりを持つ。

害貝として[編集]

繁殖力が強くアサリ等の漁獲対象種を食害するため、漁業被害の原因生物となることがある。時に大発生して潮干狩り会場を全滅させる事もある[1][5]

食用として[編集]

本種は無毒であるが食用にされることは少ない。これは加熱した際に身が固く締まり、歯ざわりが悪いためである[6]愛知県知多半島では本種を「うんね」と呼び、塩揉みして生食するほか、煮付けやおでんの具として食している[7]。また、三重県南部では「ばんちょう」と呼ばれ甘辛く煮付けて食している。

調理例:ツメタガイの炊き込みご飯
  • 材料(5人分)
    ツメタガイ(大小取り混ぜて10個程度)、米(3合)、昆布および鰹節(若干量)、根ショウガ、万能ネギ、醤油(淡口または濃口)、塩
  • ダシの準備
    干し昆布を水で戻しておく。また、好みで干し椎茸を入れてもよい。戻し汁を軽く煮立て、鰹節を入れて引き上げる。味付けは塩と淡口醤油、または濃口醤油を用いる。その場合は塩をやや強めとし、醤油の分量を少なくする方が良い。手順を簡略化するために、濃縮カツオだしとうま味調味料を利用しても良い。
  • ツメタガイの準備
    沸騰した湯に塩を入れて、よく洗ったツメタガイを茹でる。茹で時間は1 - 2分程度とする。茹ですぎると固くなるためである。殻の内側面には貝柱があり、十分に茹で上がると簡単に剥がれるため、身を取り出しやすくなる。
    竹串を、殻とふたの間に差し込み、軽くひねるようにして身を引き出す。この際、貝の巻き方向に沿って引き出すと、内臓や生殖巣といったいわゆる「肝」を傷つけにくい。取り出した身は軽く塩水で洗い、残った砂とぬめりを落とすようにする。
    手で肝と肉(頭足部)をわけ、らせん状についているエラを外す。頭足部は縦に切り、細切りにする。このとき口器を外しておくと舌触りがよくなる。
    肝は荒みじんに切っておく。
  • 米の準備
    通常の炊飯と同じように、研いで浸水した米を鍋(または炊飯器等の炊飯用調理器具)に入れ、冷ましたダシ汁を入れる。ダシ汁の分量は通常の炊飯よりやや少なめが良い。ここに荒みじんに切ったツメタガイの肝を入れ、炊く。
  • 薬味の準備
    炊飯中にショウガを千切り、いわゆる「針ショウガ」とし、万能ネギを小口切りにしておく。
  • 完成
    飯が炊き上がったら、ツメタガイの身を投入し、ざっくりと混ぜる。混ぜすぎると米粒が潰れて粘りが出てしまう。程よく混ざったら碗に盛り、針ショウガを乗せて、薬味皿に小口に切った万能ネギを乗せて供する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アサリの天敵・「ツメタガイ」と「サキグロタマツメタ」について (PDF) - 三重県科学技術振興センター
  2. ^ 間嶋隆一「日本産ツメタガイ類(腹足綱 : タマガイ科)の分類」、『貝類学雑誌Venus』第46巻第2号、日本貝類学会、1987年7月15日、 57-74頁、 NAID 110004764529
  3. ^ 間嶋隆一「日本産 Glossaulax (Gastropoda : Naticidae) の進化 : 第一部 : G. didyma, G. vesicalis, G. bicolor および G. reiniana の進化」、『化石』第44号、日本古生物学会、1988年6月3日、 13-23頁、 NAID 110002703535
  4. ^ 間嶋隆一「日本産 Glossaulax (Gastropoda : Naticidae) の進化 : 第二部 : G. hyugensis, G. hagenoshitensis および G. nodai の進化」、『化石』第45号、日本古生物学会、1988年12月15日、 1-7頁、 NAID 110002704163
  5. ^ アサリの食害動物ツメタガイの駆除 (PDF) - (社)日本水産資源保護協会
  6. ^ 環境講座・第2回 味わって知るわたしたちの海 - (有)寿総合食品
  7. ^ 美浜ぐらし - 地のものを食す - 愛知県美浜町商工会

参考文献[編集]