チャールス・ブース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールス・ブースの肖像画

チャールス・ブース(Charles Booth、1840年 - 1916年)はイギリスの社会問題研究家である。汽船会社の会長、王立学会会員、枢密顧問官などを歴任した。1908年老齢年金法の成立に大きな役割を果たした。社会問題を研究し『ロンドン市民の生活と労働』を書いた。

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。