チオモルホリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チオモルホリン
Thiomorpholine
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 123-90-0 チェック
PubChem 67164
ChemSpider 60509 チェック
ChEBI CHEBI:36392 チェック
特性
化学式 C4H9NS
モル質量 103.19 g mol−1
外観 透明な液体
密度 1.026 g cm−3
融点

61.29 °C, 334 K, 142 °F

沸点

166.87 °C, 440 K, 332 °F

関連する物質
関連物質 チアジン
モルホリン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオモルホリン: Thiomorpholine)は、シクロヘキサンの1位を硫黄、4位を窒素に置き換えた六員環飽和複素環式化合物。化学式はC4H9NSで表される。モルホリン酸素を硫黄に置換した誘導体と捉えることができる。チアジンは、チオモルホリンの環の窒素と硫黄に接しない部分に二重結合を持つ化合物である。チオモルホリンの誘導体は、アレルギー疾患の医薬品として利用される[1]。日本の消防法では、危険物第4類・第2石油類に分類される[2]

脚注[編集]