チェドバ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェドバ島(ちぇどばとう)は、ベンガル湾北東部の沿岸海域、タンガップ(タウンガップ, en:ToungupまたはTaungup)西方50kmに浮かぶミャンマー領のである。別名はマナウン島。島の大きさは最長部で32km、これに対する幅は27km、面積は523平方km[1]。ミャンマーの島としては北隣のラムリー島に次いで2番目の大きさになる[2]

ミャンマーの行政区分上は、ラカイン州チャウッピュー郡en)のうちマナウン町区(en:Manaung Township)にあたる。主要都市は島の東岸にある港町マナウンen)。かつて島はインドとの沿岸海上輸送の中継港であったが、現在はの飼育を含む農業が主要産業である。天然ガス石油も産出する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Cheduba Island -- Britannica Online Encyclopedia”. www.britannica.com. 2010年6月20日閲覧。
  2. ^ Kyaw Saw Lynn. “17.5 Burma (Myanmar)”, Encyclopedia of the World's Coastal Landforms, Springer Netherlands, 2010 ISBN 978-1-4020-8638-0

外部リンク[編集]