ダヴィード・カゼラシュヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルジアの旗 グルジアの政治家
ダヴィード・カゼラシュヴィリ
დავით კეზერაშვილი
Davit Kezerashvili
Davit Kezerashvili.jpg
生年月日 1978年9月22日(36歳)
出身校 トビリシ大学
前職 トビリシ市議会議長、税務警察長官
所属政党 統一国民運動、国民運動・民主主義者

任期 2006年11月10日 - 2008年12月5日
テンプレートを表示

ダヴィード・カゼラシュヴィリグルジア語: დავით კეზერაშვილიDavit Kezerashvili1978年9月22日 - )は、グルジア政治家2006年から2008年までグルジア共和国国防相

経歴・概要[編集]

1977年または1978年トビリシ生まれ。ユダヤ系とされる。ロシアイスラエルで学び、その後グルジアに帰国し、トビリシ大学 (Tbilisi State Universityで国際関係を学んだ。[1]

司法省勤務の後、後にグルジア大統領となるミヘイル・サアカシュヴィリのアシスタントとなり、トビリシ市議会議長に選出される際など、政治的パトロネージュの関係を構築する。

2004年から2006年11月まで財務省に勤務。この間、財務警察軍(税務警察)長官も務める。2006年11月11日イラクリー・オクルアシュヴィリ (Irakli Okruashviliの後任として国防相に任命される。

政策・政治的見解[編集]

自由主義政党統一国民運動 (United National Movement(のちに国民運動・民主主義者)の創設メンバーの一人であり、2002年総選挙には同党から立候補した。[2]

カゼラシュヴィリは、ミヘイル・サアカシュヴィリ大統領の側近であり盟友として知られる。[3]

国防相に就任した際にはグルジア労働党 (Georgian Labour Partyシャルヴァ・ナテラシュヴィリ (Shalva Natelashviliから「軍曹すら務めていない」と軍歴が皆無であることを批判されている。[4]

財務警察長官時代には、脱税企業を捜査する際、企業を襲撃するような強攻策を取ったこともある。[5]

脚注[編集]

  1. ^ Itar-TASS (13 Nov 2006), Territorial unity remains key goal of Georgia-new defense minister
  2. ^ UNA Georgia information service (accessed 15 November 2005) Saakashvili-National movement bloc
  3. ^ Civil Georgia, Anjaparidze, Zaal (November 2006) Irakli Okruashvili proves that one's as good as none in politics
  4. ^ Black Sea Press (15 November 2006), Georgian Messenger
  5. ^ Civil Georgia (17 June 2005)Financial Police Grilled by MPs over High-Handed Tactics

関連項目[編集]

先代:
イラクリー・オクルアシュヴィリ
グルジアの国防相
2006年 - 2008年
次代:
ヴァシル・シハルリゼ