ダライ・ラマ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダライ・ラマ1世1391年 - 1474年)は、初代のダライ・ラマ。略名はゲンドゥン・ドゥプパ

チベット仏教ゲルク派の開祖ツォンカパ大師の直弟子であった。

後、ゲルク派の高僧スーナム・ギャツォ(1543年-1588年)がモンゴルのアルタン・ハーンから「ダライ・ラマ」の称号を奉られ、ダライ・ラマの制度が始まった。その際、スーナム・ギャツォは自らをダライ・ラマ3世とし、ゲンドゥン・ドゥプパを追諡してダライ・ラマ1世とした。

先代:
-
ダライ・ラマ
初代
次代:
ゲンドゥン・ギャツォ