タプシガルギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タプシガルギン
識別情報
CAS登録番号 67526-95-8
PubChem 446378
ChemSpider 393753
日化辞番号 J34.328E
ChEBI CHEBI:9516
ChEMBL CHEMBL96926
特性
化学式 C34H50O12
モル質量 650.75 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

タプシガルギン(thapsigargin、サプシガルジン)は、SERCA(sarcoplasmic/endoplasmic reticulum Ca2+ ATPase)の略称で知られている一群の酵素の非競合阻害剤のひとつである[1]

構造的には、タプシガルギンはセスキテルペンラクトンに分類され、植物Thapsia garganica英語版から抽出される。タプシガルギンはほ乳類細胞における発がん促進物質である[2]。抗マラリア薬アーテミシニンもセスキテルペンラクトンであることから、この薬物群が熱帯熱マラリア原虫英語版Plasmodium falciparum)といったマラリア原虫のSERCAを阻害することによって働いているという仮説が提唱されており[3][4]、確認が待たれている[5]

タプシガルギンは、筋小胞体および小胞体へカルシウムを送り込む細胞の能力を妨げることによって細胞質基質カルシウム濃度を上昇させ、カルシウムの蓄えの枯渇を引き起こす。この蓄えの枯渇は、二次的に細胞膜カルシウムチャネルを活性化し、細胞質基質へのカルシウムの流入が起こる。

タプシガルギンは、オートファゴソームリソソームの融合(オートファジー過程の最終段階)をはっきりと阻害する。オートファジー過程の阻害は、今度は小胞体ストレスを誘導し、最終的には細胞死が導かれる[6]

タプシガルギンは細胞質カルシウム濃度上昇の影響を調べる実験で有用である。

脚注[編集]

  1. ^ Rogers TB, Inesi G, Wade R, Lederer WJ (1995). “Use of thapsigargin to study Ca2+ homeostasis in cardiac cells”. Biosci. Rep. 15 (5): 341–9. doi:10.1007/BF01788366. PMID 8825036. 
  2. ^ Hakii, H.; Fujiki, H.; Suganuma, M.; Nakayasu, M.; Tahira, T.; Sugimura, T.; Scheuer, P. J.; Christensen, S. B. (1986). “Thapsigargin, a histamine secretagogue, is a non-12-O-tetradecanolphorbol-13-acetate (TPA) type tumor promoter in two-stage mouse skin carcinogenesis”. J. Cancer Res. Clin. Oncol. 111 (3): 177–181. doi:10.1007/BF00389230. 
  3. ^ Eckstein-Ludwig U, Webb RJ, Van Goethem ID, East JM, Lee AG, Kimura M, O'Neill PM, Bray PG, Ward SA, Krishna S (August 2003). “Artemisinins target the SERCA of Plasmodium falciparum”. Nature 424 (6951): 957–61. doi:10.1038/nature01813. PMID 12931192. 
  4. ^ Golenser J, Waknine JH, Krugliak M, Hunt NH, Grau GE (2006). “Current perspectives on the mechanism of action of artemisinins”. Int. J. Parasitol. 36 (14): 1427–41. doi:10.1016/j.ijpara.2006.07.011. PMID 17005183. 
  5. ^ Eastman RT, Fidock DA (December 2009). “Artemisinin-based combination therapies: a vital tool in efforts to eliminate malaria”. Nat. Rev. Microbiol. 7 (12): 864–74. doi:10.1038/nrmicro2239. PMC 2901398. PMID 19881520. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2901398. 
  6. ^ Ganley, I. G.; Wong, P.-M.; Gammoh, N.; Jiang, X.. “Distinct Autophagosomal-Lysosomal Fusion Mechanism Revealed by Thapsigargin-Induced Autophagy Arrest”. Mol. Cell 42 (6): 731 - 743. doi:10.1016/j.molcel.2011.04.024. PMC 3124681. PMID 21700220. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3124681. 

推薦文献[編集]

  • Duncan G, Wormstone IM, Liu CS, Marcantonio JM, Davies PD (September 1997). “Thapsigargin-coated intraocular lenses inhibit human lens cell growth”. Nat. Med. 3 (9): 1026–8. doi:10.1038/nm0997-1026. PMID 9288732. 
  • Ibaraki N (September 1997). “A brighter future for cataract surgery”. Nat. Med. 3 (9): 958–60. doi:10.1038/nm0997-958. PMID 9288718. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]