タッチ・オブ・スパイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タッチ・オブ・スパイス
Πολίτικη Κουζίνα
監督 タンス・ブルメティス
脚本 タソス・ブルメティス
製作 リリー・ババドブロス
製作総指揮 ロバート・カービー
ハリー・アンドノプロス
音楽 エヴァンシア・レブツィカ
撮影 タキス・ゼルヴラコス
編集 ジョージ・マヴロプサリディス
配給 ギャガ
公開 ギリシャの旗 2003年10月24日
日本の旗 2005年2月5日
上映時間 107分
製作国 ギリシャの旗 ギリシャ
トルコの旗 トルコ
言語 ギリシア語
トルコ語
英語
興行収入 €1,837,500[1]
テンプレートを表示

タッチ・オブ・スパイス』(A Touch of Spiceギリシャ語:Πολίτικη Κουζίναラテン文字転写:Politiki kouzina)は2003年ギリシャの映画。

2003年 テッサロニキ国際映画祭 10部門受賞(最優秀作品賞/監督賞/脚本賞/撮影賞/編集賞/音響賞/音楽賞/美術賞/観客賞/技術省)

公開時のキャッチコピーは「人生は料理と同じ。 深みを出すのは ひとつまみのスパイス。」

概要[編集]

トルコ、ギリシャの政治対立により国外退去命令となったギリシャ人一家の少年ファニスが、大人になった2003年のギリシャ・アテネ古都コンスタンチノープル(現・イスタンブル)の歴史を背景に、祖父とスパイスの思い出を巡り綴られるドラマ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ファニス ジョージ・コラフェイス 安齋龍太
祖父ヴァシリス タソス・バンディス
ファニス(少年時代) マルコス・オッセ 彩木香里
サイメ バサク・コクルカヤ
サヴァス イエロクリス・ミハイリディス
ソルタナ レニア・ルイジドゥ 日下ちひろ

ストーリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Politiki kouzina”. Box office. 2012年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]