タダス・イヴァナウスカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タダス・イヴァナウスカス(Tadas Ivanauskas、1882年12月16日 - 1971年7月1日)は、リトアニア生物学者動物学者である。ヴィタウタス・マグヌス大学の創始者の一人でもある。

1922年から1940年までヴィタウタス・マグヌス大学で教授を務め、1929年には動物学科の学科長にも就任。1940年から1941年には、再建されたばかりのヴィリニュス大学でも教授を務めた。1944年から1956年にも教授を務めており、また同時に1954年から1970年にかけてはカウナス医科大学の教授でもあった。

1905年、彼はほかのリトアニア活動家とともにパリでリトアニアについての講義を行った。

彼はまた、動物学博物館1918年)、カウナス植物園1923年)、カウナス動物園1938年)もそれぞれ創設した。

国籍[編集]

彼は、現在のベラルーシフロドナ州シュラフタの一家に生まれた。1905年まではリトアニア語を知らなかったが、彼は自らがリトアニア人であると自覚し、その後リトアニア国家の再建に尽くした。1918年、彼は妻とともにリトアニアで最初の学校を設立した。

彼には3人の兄弟がいたが、うち2人はポーランド人、残る1人はベラルーシ人と自覚していた(ただし3人とも戦間期はポーランドで暮らしていた)。