タタ・ワンキャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tata/MDI OneCAT

タタ・ワンキャット (Tata OneCAT) は、インドタタ・モーターズルクセンブルクMDIが開発中の圧縮空気自動車である。

炭素繊維強化プラスチック製のタンクに充填された圧縮空気によって4時間の走行が可能である[1][2]。スタンドに設置されたコンプレッサーによって、3分間でタンクを満タンにすることができる[2]。さらに長距離用に内燃エンジンを補助動力として搭載したハイブリッドモデルも存在する。

ワンキャットは5シーター車で、200リッターのトランクを備えている。満タン時、都市部の90キロメートル圏内を時速100キロで走行することができる。

価格帯はインドのような開発途上国の顧客に手の届く($5,100から$7,800)を予定している[3]。インドに次いで、スペインオーストラリアの市場に向けた空気自動車の生産も計画されている。

脚注[編集]

  1. ^ "インドのタタ、圧縮空気で動くクルマ発売"、2008年3月27日、Carview.com
  2. ^ a b Harrabin, Roger (2008年2月13日). “Five-seat concept car runs on air (web)”. An engineer has promised that within a year he will start selling a car that runs on compressed air, producing no emissions at all in town.. BBC News. 2008年2月16日閲覧。
  3. ^ Technology Review: The Air Car Preps for Market

リンク[編集]