ゾンド2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾンド2号 (Зонд-2)
国際標識番号 1964-078C
カタログ番号 00945
状態 運用終了
目的 惑星探査・技術試験
観測対象 火星
打上げ機 モルニヤ
打上げ日時 1964年11月29日
13時12分 UTC
最接近日 1965年8月6日
通信途絶日 1965年5月5日
物理的特長
質量 890kg
姿勢制御方式 三軸制御

ゾンド2号ロシア語: Зонд-2)とは、1964年にソビエト連邦が打ち上げた火星探査機である。技術試験と火星の観測を目的としていたが、火星到達前に通信が途絶えたため後者の目的は果たせなかった。

設計[編集]

ゾンド2号の重量は890kgで、設計は先に打ち上げられたマルス1号を踏襲した。変更点として火星大気圏に突入する降下機が追加され、プラズマイオンエンジンの試験機6基を予備の姿勢制御エンジンとして搭載した[1]

飛行[編集]

ゾンド2号は1964年11月30日にカザフスタンバイコヌール宇宙基地から、チャジョールイ・スプートニクとして高度153x219kmの宇宙待機軌道へ打ち上げられ、その後火星へ向かう軌道に投入された。2枚の太陽電池パネルの片方が故障し、電力が半分しか得られなかったため、火星へ飛行途中の観測を中止するなど計画は制限を受けた[2]

1964年12月8日から18日にプラズマエンジンの試験が行われ、宇宙空間での動作が実証された[1]。1965年の初めには軌道修正を行い火星から数千km以内を通過する軌道に乗った。しかし同年4月から通信システムが異常を示し始め、5月5日に交信が不可能になった[2]。探査機は同年8月6日に火星から1500kmの距離を通過し太陽周回軌道に入ったが、惑星の観測は行えなかった。

ゾンド2号の打ち上げ直前の1964年11月28日、アメリカの火星探査機マリナー4号が打ち上げられた。マリナー4号はゾンド2号を追い越し、7月14日から15日に火星近接観測を世界で初めて成功させた。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Zond 2”. NASA NSSDC Master Catalog. 2010年4月13日閲覧。
  2. ^ a b Andrew J. LePage (1991-04). “The Mystery of ZOND 2”. The Electronic Journal of the Astronomical Society of Atlantic 2 (9). ftp://ftp.seds.org/pub/info/newsletters/ejasa/1991/jasa9104.txt 2010年4月13日閲覧。. 

関連項目[編集]