ソレン・ソーレンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セレン・セーレンセン

セレン・セーレンセン(S. P. L. Sørensen、1868年1月9日-1939年2月12日)はHavrebjerg生まれのデンマーク化学者で、酸性度の指標として水素イオン指数(pH)の概念を導入したことで知られる。コペンハーゲン大学で学位取得。1901年から1938年まで、ヨハン・ケルダールの後任としてコペンハーゲンカールスバーグ研究所の化学部門の部門長を務めた[1]。カールスバーグ研究所では、タンパク質イオン密度の効果について研究し[2]水素イオンの濃度が特に重要であることを突き止め、1909年にpHの概念を考案した[3]。pHの概念について初めて記した論文(記号にはpHを用いた[4])では、酸性度を測定する2つの新しい方法についても記述している[5]。1つ目の方法は電極を用いるもので、2つ目は指示薬の色によるものである。前者の方法で、1937年に世界で最初のpHメーターが製造された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sørensen, Søren Peter Lauritz (1868-1939)”. 100 Distinguished European Chemists. European Association for Chemical and Molecular Sciences. 2007年1月9日閲覧。
  2. ^ Søren Sørenson”. Chemical Achievers - The Human Face of the Chemical Science. Chemical Heritage Foundation. 2007年1月9日閲覧。
  3. ^ Alberty, Robert; Silbey, Robert (1996). Physical Chemistry (second edition ed.). John Wiley & Sons, Inc.. pp. p. 244. ISBN 0-471-10428-0. 
  4. ^ Sørensen, S. P. L. (1909). “Enzymstudien. II: Mitteilung. Über die Messung und die Bedeutung der Wasserstoffionenkoncentration bei enzymatischen Prozessen” (German). Biochemische Zeitschrift 21: 131–304. 
  5. ^ Nielsen, Anita Kildebæk (2001年). “S.P.L. Sørensen” (Danish). Biokemisk forening. 2007年1月9日閲覧。