ソプロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソプロン
誕生 紀元前430年頃活躍
死没 紀元前430年頃活躍
活動期間 古代ギリシア
ジャンル 擬曲
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

シラクサのソプロン(またはソフロンSophron of Syracuse)は紀元前430年頃に活躍した擬曲(ミーモス、ミモス)の劇作家

ソプロンはドーリア方言による散文の対話劇の作者だった。それは男女両方の登場人物を含み、スタイルは時にはシリアス、時にはユーモラスで、シケリアのギリシア人の日常生活を描いていた。散文ではあったが、詩と見なされた。いずれにせよ、舞台演出を意図したものではなかった。簡潔な一般民衆の言葉で書かれ、格言と話し言葉が詰まっていた。

プラトンはソプロンをアテナイに招待して、自分の対話篇にソプロンの対話劇を利用したと言われている。クインティリアヌスによると、プラトンが死んだ時、枕の下にソプロンの本があったということで[1]、『スーダ辞典』にも、ソプロンの対話劇はプラトンの永遠の友で、枕の下に敷いて眠っていたと書かれてある。ソプロンの劇がどんなものだったかは、テオクリトスの『牧歌』第2歌と第15歌(シラクサ人の先輩のAkestriaiやIsthmiazousaiから模倣したものだと言われている)から想像できるかも知れない。また、ペルシウス(en:Persius)の風刺文学の中にもその影響の痕跡がある。ソプロンの断片は、HL Ahrensの『De graecae linguae dialectis』(1843年)の中(ii. (app.))や、CJ Botzonによる最新版(1867年)、同じくBotzonの『De Sophrone et Xenarcho mimographis』(1856年)の中に見つけることができる。

脚注[編集]

  1. ^ クインティリアヌス『弁論術の教育』1.10.17


参考文献[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.