ソブリン・オブ・ザ・シーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Sovereign of the Seas

ソブリン・オブ・ザ・シーズ(英:HMS Sovereign of the Seas)は、17世紀イギリス軍艦。全長110メートル、100門以上の大砲を備えた1等戦列艦であった。船名は、「海の君主」という意味で、1685年ロイヤル・ソブリンと改称される。


概要[編集]

この船は、1637年にイギリス王チャールズ1世の命により巨費を投じて建造された。当時としては最も豪華に装飾された軍艦で、金箔を惜しげもなく使い精巧な彫刻が施された。その光り輝く姿はオランダ海軍から「黄金の悪魔」と恐れられた。1697年、倒れた蝋燭が引火して起きた火災により焼け落ちた。

関連項目[編集]