ゼンマイ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼンマイ属
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: ゼンマイ科 Osmundaceae
: ゼンマイ属 Osmunda

ゼンマイ属は、シダ植物門ゼンマイ科に属するシダ類の一群である。山菜として有名なゼンマイを含む。

特徴[編集]

ゼンマイ属(Osmunda)はゼンマイ科に属する日本では唯一の属である。根茎は短く這うかやや立つ。葉は常緑性か夏緑性で一回か二回羽状複葉。栄養葉と胞子葉の二形がはっきりあるか、同じ葉の中で異なった部分に分かれる。胞子嚢は胞子嚢群というようなまとまりを作らず、全体に密生して、すべてほぼ同時に熟す。胞子葉では葉身は全くなくなり、ほとんど軸の側面一杯に胞子嚢が密生している状態になる。

分類[編集]

世界に十数種が知られ、日本には5種ある。ただし、それらを3つの属に細分する説もある。

  • ゼンマイ属 Osmunda
    • ゼンマイ亜属 Subgen. Osmunda:夏緑性、二回羽状複葉
    • ヤマドリゼンマイ亜属 Subgen. Osmundastrum:夏緑性、一回羽状複葉
      • ヤマドリゼンマイ O. chinnamomea L.
      • オニゼンマイ O. claytoniana L.
    • シロヤマゼンマイ亜属 Subgen. Plenasium:常緑性、一回羽状複葉
      • シロヤマゼンマイ O. banksiifolia (Pr.) Kuhn

参考文献[編集]