セプロキセチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セプロキセチン
Norfluoxetine2DACS.svg
IUPAC命名法による物質名
(S)-3-Phenyl-3-[4-(trifluoromethyl)phenoxy]propan-1-amine
臨床データ
法的規制
  • Uncontrolled
投与方法 Oral
薬物動態的データ
半減期 4-16 days
識別
CAS番号 126924-38-7
ATCコード None
PubChem CID 4541
IUPHAR ligand 208
DrugBank DB06731
ChemSpider 4382
UNII 25CO3X0R31 チェック
化学的データ
化学式 C16H16F3NO 
分子量 295.30 g/mol

セプロキセチン(Seproxetine)または(S)-ノルフルオキセチン((S)-norfluoxetine)は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。広く用いられる抗うつ薬であるフルオキセチンの最も重要な活性代謝物質であるが、薬理作用についてはほとんど分かっていない。セプロキセチンは、イーライリリー・アンド・カンパニーによって抗うつ薬として開発したが、心臓への副作用が報告され、開発は中止された。

合成[編集]

セプロキセチンは、保護基を持つ3-アミノ-1-フェニルプロパン-1-オールと1-フルオロ-4-トリフルオロメチル(ベンゼン)から合成される[1]Seproxetine.png

出典[編集]

  1. ^ Fuller, R. W.; Robertson, D. W.; Wong, D. T.; European Patent, 1990, EP 0369685