セバスチャン・ヴランクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスチャン・ヴランクス
アンソニー・ヴァン・ダイクによるセバスチャン・ヴランクスの肖像画
生誕 1573年1月22日
アントワープ
死没 1647年5月19日(74歳)
アントワープ

セバスチャン・ヴランクス (Sebastian Vranckx もしくは Sebastiaan Vrancx, Sebastiaen Vrancx とも、1573年1月22日 –1647年5月19日) は、フランドルバロック期の画家、アントワープ派の銅版画工。

生涯[編集]

セバスチャン・ヴランクスは、ルーベンスヤーコブ・ヨルダーンスヘンドリック・ファン・バーレン等の親方であるアダム・ファン・ノールトの元に弟子入りした。

ヴランクスは戦争画で高い評価を得ており、ルーベンスも彼の作品を所蔵していた。[1] また、他の画家との共同制作も多く、ヤン・ブリューゲル (父)[2]ルーベンス、フランス・フラッケン (子)、ヘンドリック・ファン・バーレン、 フランス・スナイデルスヨース・デ・モンペル等との作品が残されている。ヴランクスの弟子のひとりにピーテル・スネイエルスがいる。

多くの彼の作品は聖書に基づくものか、都市の略奪や騎馬兵の戦い等の戦闘場面を描いたものである。また、寓意画も描いている。

ヴランクスはまた、詩人でもあり、喜劇や悲喜劇を書いていた。また、アントワープの聖ルカ組合の組合長になったこともある。

参照[編集]

  1. ^ Muller, Jeffrey M., Rubens: The Artist as a Collector, Princeton, 1989, ISBN 0691002983.
  2. ^ "Assault on a Convay", combined work of Jan Brueghel the Elder and Sebastiaan Vranckx,