セシル・ド・ノルマンディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
家系図に姉妹とともに描かれたセシル

セシル・ド・ノルマンディーCécile de Normandie、1056年頃 - 1126年6月30日)は、イングランドウィリアム1世と王妃マティルダ・オブ・フランダースの最年長の娘とみなされている人物[1][2][3][4]ウィリアム赤顔王ヘンリー碩学王は彼女の兄弟である。彼女は兄弟で最も年長の兄ロベール2世と非常に密接で、マティルダ尼僧によって教育された[5][6][7]

セシルは両親によって幼くしてカーンのサント・トリニテ修道院に入れられた[8]。彼女は1112年にはサント・トリニテ修道院の院長となった[9][10]。彼女は1126年にカーンで亡くなり、修道院の壁の中に埋葬された。彼女の墓は発掘できるような開口部のないまま壁に塗りこめられている。

脚注[編集]

  1. ^ It is also possible that Princess Adeliza was William’s eldest daughter.
  2. ^ James Panton. Historical Dictionary of the British Monarchy. Page 93.
  3. ^ Lives of the Princesses of England from the Norman Conquest by Mary Anne Everett Green. Pages 1–13.
  4. ^ Kenneth J. Panton: Historical Dictionary of the British Monarchy, Scarecrow Press, 2011, ISBN 978-0810857797
  5. ^ William M. Aird. Robert `Curthose', Duke of Normandy (C. 1050-1134). The acclaimed biography of the eldest son of William the Conqueror, whose failure to secure the kingdom of England has overshadowed his role in capturing Jerusalem during the First Crusade.
  6. ^ Churches and Churchmen in Medieval Europe by C. N. L. Brooke
  7. ^ The history of Normandy and of England till 1101, Volume 3 by Francis Palgrave. Page 526.
  8. ^ Historia Ecclesiastica by Orderic Vitalis
  9. ^ Douglas: William the Conqueror, pp. 393–395
  10. ^ The Ecclesiastical History of England and Normandy, Volume 2. Page 115.