セザリア・エヴォラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セザリア・エヴォラ
カリフォルニア州サン・ディエゴで歌うセザリア・エヴォラ(2006年)。}
カリフォルニア州サン・ディエゴで歌うセザリア・エヴォラ(2006年)。
基本情報
出生 1941年8月27日
カーボ・ヴェルデミンデロ
死没 2011年12月17日(満70歳没)
カーボ・ヴェルデサン・ヴィセンテ島
ジャンル モルナ
ファド
コラデイラ
職業 歌手
活動期間 1957年 - 2011年
レーベル ルーザフリカ

セザリア・エヴォラ(Cesária Évora、1941年8月27日 - 2011年12月17日)は、カーボベルデ出身で、同国を代表する音楽ジャンルであるモルナの女性歌手。もともとは同国内の盛り場で歌を歌って糊口を凌ぐ生活を送っていたが、1992年フランスでリリースしたCDの中に収められた曲"Sodade"が大ヒットし、その後世界各地で活躍するようになった。

2003年にアルバム「Voz D'Amor 」でグラミー賞の最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞を受賞した。

2011年12月17日、死去[1]。70歳没。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 裸足の歌姫(La Diva Aux Pieds Nus) (1988年)
  • Distino de Belita (1990年)
  • Mar Azul (1991年)
  • Miss Perfumado (1992年)
  • Cesária (1995年)
  • Cabo Verde (1997)
  • カフェ・アトランティコ(Café Atlantico) (1999年)
  • 遙かなるサン・ヴィセンテ(São Vicente di Longe) (2001年)
  • ヴォス・ドゥアモール(Voz d'Amor) (2003年)
  • ロガマール(Rogamar) (2006年)
  • ニャ・センティメント(Nha Sentimento) (2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cesaria Evora, Cape Verdean Singer, Dies at 70 NYtimes 2011年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]