セキチク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セキチク
DianthusChinensis11.jpg
セキチク
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ナデシコ属 Dianthus
: セキチク D. chinensis[1]
学名
Dianthus chinensis L.[1][2]
和名
セキチク(石竹)
英名
China pink[3]

セキチク(石竹 英名:China pink、学名:Dianthus chinensis L.)は[1][2]ナデシコ科ナデシコ属の観賞目的で花壇、鉢物及び切り花用に栽培される多年草[3][* 1]。葉が竹に似ていることからこの名がついたといわれている。

概要[編集]

原産は中国[* 2]日本では平安時代には栽培されていて、その後草丈と花の大きさにより区別される三寸セキチク、五寸セキチクなどの品種が育成されてきた[3]。ヨーロッパでは1716年には栽培されていて、1860年代には日本から導入されたトコナツを中心に品種改良が行なわれ、その後も世界各地で多くの品種が育成された[3]。現在では、アメリカナデシコなどとの交配品種が栽培の主体となっている[3]

起源が不明ながら日本で育成されたと思われる品種[3]

  • トコナツ(常夏) (Dianthus chinensis L. var. semperflorens Makino[3][4] )
  • イセナデシコ (Dianthus x isensis Hirahata et Kitam. [5] )

別名及び異名[編集]

別名にカラナデシココウアンナデシコまたはモウコナデシコがある[1]

異名には以下のものがある[6]

  • Dianthus chinensis L. var. amurensis (Hort. ex Jacques) Kitag.
  • Dianthus chinensis L. var. versicolor (Fisch. ex Link) Ma
  • Dianthus versicolor Fisch. ex Link var. subulifolius (Kitag.) Y.C.Chu
  • Dianthus chinensis L. subsp. versicolor (Fisch. ex Link) Vorosch.
  • Dianthus versicolor Fisch. ex Link

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 栽培上では2年草として扱われる[3]
  2. ^ 自生地の詳細は不明である[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:セキチク 2011年8月15日閲覧。
  2. ^ a b 『日本の野生植物』 (1999)、p.41
  3. ^ a b c d e f g h i 八代 (2002)、p.157
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:トコナツ 2011年8月15日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:イセナデシコ 2011年8月15日閲覧。
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:セキチク synonym 2011年8月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]