アメリカナデシコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカナデシコ
[1]
Dianthus barbatus.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ナデシコ属 Dianthus
: アメリカナデシコ D. barbatus[1][2]
学名
Dianthus barbatus
L. (1753)[1][2]
英名
Sweet William[2]

アメリカナデシコは別名ヒゲナデシコ(髭撫子)あるいはビジョナデシコ美女撫子)とも呼ばれる[1]ナデシコ科ナデシコ属の草本植物。ヨーロッパの主にバルカン半島ロシア西部などに自生する[2]。学名はDianthus barbatus L.[1][2][* 1]

概要[編集]

の先端が長いひげのように伸びているので、ヒゲナデシコともいい、2cmほどの小さな花が枝の先端に十数輪咲く[2]。多年草であるが、初夏に播種し翌春に開花させることができるため、一年草として扱われることもある[2]

日本では大正時代から暖地で切り花栽培が始まった[2]。ヨーロッパに自生しアメリカには自生していないことから、本種が最初にアメリカ経由で日本に導入されたものと考えられている[3]

高性種は草丈 40 - 60 cm となり、主に切り花用に栽培され一部は花壇にも植栽される[3]。わい性種は草丈 15 - 20 cm [3]、花壇用に栽培される[2]

在来種(一般種)は一定の大きさに生長した枝が、低温に遭遇してから開花する[4]。これに対し、低温に遭遇する必要が無い品種群があり、これを四季咲き性の品種として区別している[4]

栽培[編集]

9月静注順に播種する。発芽は容易で比較的強健な植物なので、直まきでもよい。播いた後2ミリほど覆土しておけば、一週間ほどで発芽する。間引くか移植して、株間を20cmくらいにしてやる。冬でも半日以上日が当たる排水のよい土地であれば、十分に開花させることができる。[要出典]

利用法[編集]

花壇・切り花用に、家庭園芸で栽培されるが、エディブル・フラワーとして開花したばかりの花を摘んでサラダなどに入れて食べることができる。[要出典]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本の野生植物』 (1999)、p.41では、ヒゲナデシコ(アメリカナデシコ)としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:アメリカナデシコ 2011年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 八代 (2002)、p.161
  3. ^ a b c 八代 (2002)、p.162
  4. ^ a b 八代 (2002)、pp.161-162

参考文献[編集]

外部リンク[編集]