スーザン・バック=モース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーザン・バック=モース(Susan Buck-Morss)は、アメリカ合衆国の政治哲学者。専門は、ドイツ哲学、とくにフランクフルト学派の批判理論。

イェール大学で修士号取得後、ジョージタウン大学で博士号取得。コーネル大学助教授・准教授・教授を経て、2012年からニューヨーク市立大学大学院センター教授。

著書[編集]

  • The Origin of Negative Dialectics: Theodor W. Adorno, Walter Benjamin and the Frankfurt Institute, (Free Press, 1977).
  • The Dialectics of Seeing: Walter Benjamin and the Arcades Project, (MIT Press, 1989).
『ベンヤミンとパサージュ論――見ることの弁証法』、高井宏子訳、勁草書房、2014年
  • Dreamworld and Catastrophe: the Passing of Mass Utopia in East and West, (MIT Press, 2000).
堀江則雄訳『夢の世界とカタストロフィ――東西における大衆ユートピアの消滅』(岩波書店, 2008年)
  • Thinking Past Terror: Islamism and Critical Theory on the Left, (Verso, 2003).
村山敏勝訳『テロルを考える――イスラム主義と批判理論』(みすず書房, 2005年)

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「スーザン・バック=モース」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。