スレー・パゴダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スレー・パゴダ

スレー・パゴダ (Sule Pagoda) はミャンマーヤンゴンの中心部にある仏塔(パゴダ)である。 現代におけるビルマの政治、理念、地理学的に重要な市の中心部に鎮座している。 伝説によると、シュエダゴン・パゴダより前、2500年以上も前に造られた。伝説では、現在のシュエダゴン・パゴダの場所は、スレー・パゴダの場所に存在した古代精霊ナッ信仰の神(魂)より啓示を受けたと語られている。

スレー・パゴダは、ヤンゴンおよびミャンマーの政治の中心地である。

1988年の8888民主化運動や2007年の反政府デモの拠点となった。

関連項目[編集]