スラップスティック作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリア戦線

スラップスティック作戦(スラップスティックさくせん、Operation Slapstick)は、第二次世界大戦の連合国軍のイタリア侵攻作戦の一部で、1943年9月9日に実行された英第一空挺師団によるタラント上陸作戦である。部隊の輸送にあたった艦艇は軽巡洋艦ボイシオーロラペネロピシリアスダイドー、高速機雷敷設艦アブディールである。前日イタリア政府は降伏しており、ドイツ軍もほとんど存在していなかったため、兵員は軍艦から港へ直接上陸した。抵抗は少なく、ほとんど損害もなくタラントは占領された。だが、この作戦中にアブディールが触雷して沈没した。同日アメリカ軍はサレルノに上陸した。

関連項目[編集]