ストループ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストループ効果の例
あか あお きいろ みどり


あか あお きいろ みどり


あか あお きいろ みどり

ストループ効果(ストループこうか)とは、文字意味と文字色のように同時に目にする二つの情報が干渉しあう現象。 1935年に心理学者ジョン・ストループによって報告されたことからこの名で呼ばれる。[1]

例えば、色名を答える質問を行った場合、赤インクで書かれた「あか」の色名を答える場合より、青インクで書かれた「あか」の色名(『あお』)を答える方が時間がかかる事をいう。

また、文字の意味を答える質問を行った場合、赤インクで書かれた「あか」の意味を答える場合より、青インクで書かれた「あか」の意味(『あか』)を答える場合の方が時間がかかる事を逆ストループ現象と呼ぶ。

バイリンガルストループ効果[編集]

異なる言語間においてストループ効果が見られることをバイリンガル・ストループ効果と呼ぶ。

派生効果[編集]

ストループ効果には18の派生効果があるとされている。[2]

近年、ストループ課題を用いた実験では課題セット(task set)、課題切り替え(task switching)、手掛かり切り替え(que switching)などが研究されている。[3] [4]

ビデオゲームにおけるストループ効果[編集]

任天堂開発・発売のニンテンドーDS専用ゲームソフト東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングでは脳年齢チェックの色彩識別として採用されている。しかし、このような課題を行うことにより、健常者の認知機能が改善されるという確たる科学的根拠は、今のところ存在しない[5]

鬱との関係[編集]

抑鬱状態あるいは鬱病である患者に対してストループ検査を行うと、健常者と比較し有意に反応時間が長くなることが知られている。

参考文献[編集]

  1. ^ Stroop, J.R. (1935). Studies of interference in serial verbal reactions. Journal of Experimental Psychology, 28, 643-662.
  2. ^ MacLeod, C.M. (1991). Half a Century of Research on the Stroop Effect: An Integrative Review. Psychological Bulletin 109(2):163-203.
  3. ^ Masson et al. (2007). Task set persistence modulates word reading following resolution of picture-word interference. Memory and Cognition 35(8):2012-2018
  4. ^ Gilbert, S.J. & Shallice, T.(2002). Task switching: a PDP model. Cognitive Psychology 44(3):297-337.
  5. ^ Exercising to keep aging at bay. Nature Neuroscience 10, 263 (2007)