ストックホルム天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
18世紀に建設された天文台
旧天文台は博物館として天文機器の展示に使われている

ストックホルム天文台(Stockholms gamla observatorium)はスウェーデンストックホルムにある天文台で、18世紀に設立され、現在はストックホルム大学の一部である。

スウェーデン王立科学アカデミーの事務局長ペール・エルヴィウスPer Elviusの指揮で、建築家カール・ハルレマン(Carl Harleman)の設計した天文台の建設は1748年に始まり、1753年に完成した。現在はObservatorielundenと呼ばれている公園の丘のうえにある。最初の天文台の所長はPehr Wilhelm Wargentinで、歴代の所長にはヨハン・ギルデン(Hugo Gylden)や ベルティル・リンドブラッド(Bertil Lindblad)がいる。18世紀の天文台は現在は博物館になっている。

新設された天文台はストックホルム郊外のSaltsjobadenに1931年に建設された。設計はAxel Anderbergである。近年は天文学的観測はスウェーデン国外の施設が使われている。1973年に天文台の研究部門は科学アカデミーからストックホルム大学に移管され、2001年からAlbaNova University Centreに移された。

外部リンク[編集]