スティーヴン・ルークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティーヴン・ルークス(Steven Lukes, 1941年3月8日 - )は、イギリス出身の社会学者政治学者ニューヨーク大学社会学部教授。

オックスフォード大学で博士号取得。オックスフォード大学講師、ヨーロッパ大学院(European University Institute)教授、シエナ大学教授を経て、現職。権力論の研究で有名であり、既存の権力論について整理し、3次元的権力論を提示した。

著書[編集]

単著[編集]

  • Emile Durkheim, his Life and Work: A Historical and Critical Study, (Harper & Row, 1972).
  • Individualism, (Blackwell, 1973).
間宏監訳『個人主義』(御茶の水書房, 1981年)
  • Power: A Radical View, (Macmillan, 1974, 2nd ed., 2005).
中島吉弘訳『現代権力論批判』(未來社, 1995年)
  • Essays in Social Theory, (Macmillan, 1977).
  • Marxism and Morality, (Clarendon Press, 1985).
  • Moral Conflict and Politics, (Clarendon Press, 1991).
  • The Curious Enlightenment of Professor Caritat: A Comedy of Ideas, (Verso, 1995).
近藤隆文訳『カリタ教授の奇妙なユートピア探検』(日本放送出版協会, 1996年)
  • Liberals and Cannibals: the Implications of Diversity, (Verso, 2003).

共著[編集]

  • No Laughing Matter: A Collection of Political Jokes, with Itzhak Galnoor, (Routledge, 1985).

編著[編集]

  • Power, (Blackwell, 1986).

共編著[編集]

  • The Good Society: A Book of Readings, co-edited with Anthony Arblaster, (Harper & Row, 1971).
  • Rationality and Relativism, co-edited with Martin Hollis, (Blackwell, 1982).
  • Durkheim and the Law, co-edited with Andrew Scull, (M. Robertson, 1983).
  • The Category of the Person: Anthropology, Philosophy, History, co-edited with Michael Carrithers and Steven Collins, (Cambridge University Press, 1985).
厚東洋輔中島道男中村牧子訳『人というカテゴリー』(紀伊國屋書店, 1995年)
  • Multicultural Questions, co-edited with Christian Joppke, (Oxford University Press, 1999).

外部リンク[編集]