スズの兵隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズの兵隊

スズの兵隊(スズのへいたい、tin soldier)、またはブリキの兵隊は、19世紀から20世紀前半にかけて、ヨーロッパの男の子たちになじみであったミニチュアのおもちゃ兵隊。現在では収集対象のおもちゃともなっている。元々は、溶かした金属スズホワイトメタル)を型に流し込んで、鋳造して製作されているもので、自分で制服や装備品に好みの色をつけることで、プロイセンの軍隊にも、フランスの兵士にもなる。騎馬兵、歩兵など、1人、あるいは3人とセットになっている場合もあり、それらを集めて部屋に配置し、アウステルリッツの会戦などを再現することも出来る。これを軍事教練に使い、後に遊戯としたのが「アクチュアル・ウォーゲーム」である。後年には、他の金属やプラスティックでも製作されるようになった。女の子には、これの代替としてドールハウスが与えられた。

テーマとした作品[編集]

デンマークの童話作家・詩人のハンス・クリスチャン・アンデルセンの作品に、これを取り上げた『しっかり者のスズの兵隊』(1838年刊。デンマーク語原題:『Den Standhaftige Tinsoldat』、英語翻訳題:『The Steadfast Tin Soldier』)がある。