スカイレール (オーストラリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカイレール
上部から

スカイレールとはオーストラリアクイーンズランド州ケアンズにある観光用索道(ロープウエイ)である。

世界遺産指定にもなっている熱帯雨林(クイーンズランドの湿潤熱帯地域)の上を通過し、カラボニカ・レイク-キュランダ間を約35分で結ぶ。総延長距離は7.5kmであり、1995年の開通当時は世界最長であった。

世界遺産の環境に影響を与えない配慮として、ロープウェイを支える36基の鉄塔は完成品をヘリコプターで運んで設置する方法が取られ、およそ1年を費やして完成した。

停車駅[編集]

カラボニカ・レイク駅 - レッドピーク駅 - バロンフォールズ駅 - キュランダ駅[1]

データ[編集]

  • 全長7.5km
  • 6人乗りのゴンドラが114基使用されている。
  • 最高速度は秒速5m(時速18km)だが、通常は乗客が景色を長く楽しめるように遅く運転されている。
  • 最高地点はレッドピーク駅で海抜545m。最低地点はカラボニカ・レイク駅の海抜5m。山頂のキュランダ駅は海抜336mである。
  • 一番高い鉄塔は「タワー6」(カラボニカ・レイクから6番目の鉄塔)で40.5m。

出典[編集]

外部リンク[編集]