スイッチング・コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スイッチング・コスト: switching cost)または切り替え費用とは、ある商品から他の商品、あるいはあるブランドから他のブランドに切り替えることに伴って発生する費用である[1]。金銭的な費用に限らず、切り替えに伴って必要となる習熟や慣れに要する時間(の機会費用)や心理的費用なども含まれる。取引コストの一種である。

例として、探索コストなどがある。

参考文献[編集]

  1. ^ 小田切宏之 『企業経済学』 (2版) 東洋経済新報社、2010年、132頁。ISBN 978-4-492-81301-0