ジ・アプレンティス (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジ・アプレンティス』(The Apprentice)は、アメリカの副大統領首席補佐官を務めたルイス・リビーによって書かれた小説。1996年に公表された。リビーは、本を書くのに20年以上を費やしたといわれる。公表当初は余り注目されなかったが、プレイム事件をきっかけに脚光を浴びる。

主人公は天然痘流行によって1903年の冬に北日本の宿屋で立ち往生した旅行者という設定である。この小説は、同性愛近親相姦の場面を含み、獣姦小児性愛売春強姦嗜好など、保守派に典型的に非難された種類の性的逸脱で満ちていた。