ジルベール (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジルベール・ド・シャロンフランス語:Gilbert de Châlon, ? - 956年4月8日)は、ブルゴーニュ公(在位:952年 - 956年)、シャロン伯。名はギセルベルトドイツ語:Giselbert)とも書かれる。シャロン伯マナセ1世と、プロヴァンス王ボソの娘エルメンガルドとの子。ブルゴーニュ公ユーグ黒公の姉妹エルマンガルド(Ermengarde)と結婚し、黒公の歿後公位に即いた。

ジルベールはブルゴーニュの独立を維持することができず、955年パリ伯ユーグの臣下になり、長女をパリ伯の息子オトン(フランス王ユーグ・カペーの弟)と結婚させることを強いられた。

ジルベールは956年に死去し、息子がいなかったため、公位は娘婿オトンが嗣いだ。

子女[編集]

エルマンガルドとの間に二人の娘がいる。

  • リューガル - 後のブルゴーニュ公オトン(フランス公ユーグ大公の子)と結婚
  • アデライード - モー伯ロベール1世(ヴェルマンドワ伯エルベール2世子)と結婚、のち、ランベール・ド・シャロンと結婚
先代:
ユーグ黒公
ブルゴーニュ公
952年 - 956年
次代:
オトン