ユーグ黒公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーグ黒公(ユーグこくこう、フランス語:Hugues le Noir, ? - 952年12月17日)は、ブルゴーニュ公(在位:923年 - 952年)。初代ブルゴーニュ公リシャールとその妻アデライード(ヴェルフ家オセール伯コンラート2世の娘)の末子で、ラウールの弟。

923年、兄のラウールが西フランク王に選出されたので、譲位されてブルゴーニュ公となった。952年に死去したが、妻子がいたのかは知られていない。公位は義兄弟のジルベールが相続した。

先代:
ラウール
ブルゴーニュ公
923年 - 952年
次代:
ジルベール