ジョージ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ミラーGeorge Armitage Miller, 1920年2月3日 - 2012年7月22日)は、アメリカ合衆国心理学者プリンストン大学教授。

ロックフェラー大学マサチューセッツ工科大学ハーヴァード大学の教授だったこともあり、オックスフォード大学ではフェローとして研究し、アメリカ心理学会の会長だったこともあった。

短期記憶の容量が7±2であることを発見した。この研究は認知心理学の先駆けとなった。ユージン・ギャランター、カール・プリブラムとの共著「プランと行動の構造」は認知心理学の誕生を告げるマニフェストとも言われる。

また、概念辞書の先駆けであるWordNetプロジェクトを主導したことによって、言語学計算言語学自然言語処理オントロジーなどの分野でも著名である。

1991年には、アメリカ国家科学賞を授与されている。

2012年7月22日、死去[1]。92歳没。

マジカルナンバー[編集]

「マジカルナンバー7±2」という論文の中で、一度聞いただけで直後に再生するような場合、日常的なことを対象にする限り記憶容量は7個前後になるということを示した。この7個というのは情報量ではなく意味を持った「かたまり(チャンク)」の数のことで、数字のような情報量的に小さなものも、人の名前のように情報量的に大きな物も同じ程度、7個(個人差により+-2)しか覚えられないということを発表した。

注釈[編集]

  1. ^ George A. Miller: Remembering a Pioneer Association for Psychological Science 2012年7月27日閲覧