ジョージ・ハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ハウ(George Howe 1886年 - 1955年)は、アメリカ建築家。ポール・クレ、ルイス・I・カーンら「フィラデルフィア派」と呼ばれたグループの一人。

幼いころからフランスやスイス、アメリカで過ごした後に、建築をハーバード大学、1908年からエコール・デ・ボザールで学ぶ。1913年にアメリカに戻り、1916年ボザール様式を体現した自邸ハイ・ハロウをフィラデルフィアに建設する。

1916年になって、メラー・アンド・ミークス事務所に加わり、エドウィン・ラッチェンスの作風にヒントを得た一連の住宅群を設計した。1928年からはそれまでの歴史様式から、近代建築様式になり。翌年スイス人ウィリアム・レスカズと共同事務所を設立。

1931年、フィラデルフィア貯蓄銀行、同年ニューヨーク近代美術館を発表。

また、イエール大学建築学部長として教育にもあたった。

参考文献[編集]

  • The Beaux-arts and Nineteen Century French Architecture, London, 1982