ジョン・ローレンス・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海軍中将ジョン・S・マケイン(左)と海軍次官補ジョン・L・サリヴァン(右)

ジョン・ローレンス・サリヴァン(John Lawrence Sullivan, 1899年6月16日 - 1982年8月8日)は、アメリカ合衆国政治家ハリー・S・トルーマン政権で国防総省の初代海軍長官を務めた。

生涯[編集]

ニューハンプシャー州マンチェスターにおいて誕生した。父親は葉巻製造業者であり、政界に関与した弁護士でもあった。サリヴァンは1918年に海軍予備役を務め、1921年ダートマス大学を卒業した。サリヴァンは明朗な論客としての評判を獲得し、1923年にニューハンプシャー州で弁護士として認可を受けた。1924年、サリヴァンはハーバード法科大学院で法学博士号を取得した。サリヴァンはマンチェスター市内にある父親の会社「サリヴァン・アンド・ホワイト」に入社し、5年を過ごした。

サリヴァンは民主党に加わり、1929年ヒルズバラ郡の法務官に選任された。サリヴァンは法律事務所「サリヴァン・アンド・サリヴァン」を経営した。サリヴァンは1934年1938年ニューハンプシャー州知事に立候補したが、いずれも敗北した。最初の選挙ではスタイルズ・ブリッジェズに1500票の僅差で敗れ、2度目はフランシス・マーフィーに大差で敗れた。1937年、サリヴァンは在郷軍人会のニューハンプシャー州支部で支部長を務めた。

1939年、サリヴァンは内国歳入庁長官補佐となり、ワシントンD.C.へ移った。1940年、サリヴァンはフランクリン・ルーズベルト大統領から財務次官補に指名され、1944年まで務めた。サリヴァンは政治的な鋭さを発揮し、全国的な知名度を獲得した。サリヴァンは戦時財源を調査し、議会に提出する戦時予算を作成した。財務次官補としてのサリヴァンの貢献は高く評価され、1947年に財務省功労章および銀章を授与された。

第二次世界大戦終戦間際の1945年、サリヴァンは航空担当海軍次官補に任命された。サリヴァンの就任宣誓式は太平洋戦域の空母シャングリラ艦上で行われた。同年、サリヴァンは戦時の海軍活動の実態を知るため、総距離2万5000マイルを移動した。サリヴァンは1946年海軍次官に昇格した。

1947年国防総省が設立されると、国防長官に就任したジェイムズ・フォレスタルの後任として国防総省最初の海軍長官に就任した。サリヴァンは「強い海軍」を構築するための政策を積極的に提起したが、1949年4月、第2代国防長官にルイス・アーサー・ジョンソンが就任すると、ジョンソン国防長官は空母ユナイテッド・ステーツの建造中止を発表した。サリヴァンはこれに抗議し、翌5月に海軍長官を辞任した。この出来事は、提督たちの反乱の一部として知られている。サリヴァンは辞任の際、国防長官に「強力な新兵器の開発を阻害するという試みは、この国では前例がない。私はその試みに、極めて深く憂慮する。」と手紙を宛てた。

サリヴァンは海軍長官辞任後、弁護士業に復帰した。サリヴァンは民主党の政策に積極的に関与した。1952年には民主党の大統領選挙運動を支援し、トルーマン大統領の2選目を目指した。

1982年8月8日、サリヴァンはニューハンプシャー州エクセターで死去した。

外部リンク[編集]

公職
先代:
アーテマス・ゲイツ
アメリカ合衆国海軍次官補(航空担当)
1945年7月5日 - 1946年6月17日
次代:
ジョン・ブラウン
先代:
ジェイムズ・フォレスタル
アメリカ合衆国海軍長官
1947年9月18日 - 1949年5月24日
次代:
フランシス・マシューズ