ジョン・グレイ (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・グレイ(John N. Gray、1948年4月17日 - )は、イギリスの政治哲学者。専門は、自由主義思想。

タイン・アンド・ウィアサウス・シールズの生まれ。オックスフォード大学エクセター・カレッジで博士号取得。エセックス大学講師、オックスフォード大学教授を経て、現在、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Mill on Liberty: A Defence, (Routledge, 1983, 2nd ed., 1996).
  • Hayek on Liberty, (Blackwell, 1984, 2nd ed., 1986, 3rd ed., 1998).
照屋佳男・古賀勝次郎訳『ハイエクの自由論』(行人社, 1985年/増補版, 1989年)
  • Liberalism, (Open University Press, 1986, 2nd ed., 1995).
藤原保信・輪島達郎訳『自由主義』(昭和堂, 1991年)
  • Liberalisms: Essays in Political Philosophy, (Routledge, 1989).
山本貴之訳『自由主義論』(ミネルヴァ書房, 2001年)
  • Beyond the New Right: Markets, Government and the Common Environment, (Routledge, 1993).
  • Post-liberalism: Studies in Political Thought, (Routledge, 1993).
  • Berlin, (Fontana Press, 1995).
  • Enlightenment's Wake: Politics and Culture at the Close of the Modern Age, (Routledge, 1995).
  • After Social Democracy: Politics, Capitalism and the Common Life, (Demos, 1996).
  • Isaiah Berlin, (Princeton University Press, 1996).
河合秀和訳『バーリンの政治哲学入門』(岩波書店, 2009年)
  • Endgames: Questions in Late Modern Political Thought, (Polity Press, 1997).
  • False Dawn: the Delusions of Global Capitalism, (New Press, 1998).
石塚雅彦訳『グローバリズムという妄想』(日本経済新聞社, 1999年)
  • Two Faces of Liberalism, (Polity Press, 2000).
松野弘監訳『自由主義の二つの顔――価値多元主義と共生の政治哲学』(ミネルヴァ書房, 2006年)
  • Al Qaeda and What It Means to be Modern, (Faber and Faber, 2003).
金利光訳『アル・カーイダと西欧――打ち砕かれた「西欧的近代化への野望」』(阪急コミュニケーションズ, 2004年)
  • Straw Dogs: Thoughts on Humans and Other Animals, (Granta Books, 2002).
池央耿訳『わらの犬――地球に君臨する人間』(みすず書房, 2009年)
  • Heresies, (Granta Books, 2004).
  • Black Mass: Apocalyptic Religion and the Death of Utopia, (Allen Lane, 2007).
松野弘監訳『ユートピア政治の終焉――グローバル・デモクラシーという神話』岩波書店、2011年

共編著[編集]

  • Conceptions of Liberty in Political Philosophy, co-edited with Zbigniew Pelczynski, (St. Martin's Press, 1984).
飯島昇藏千葉眞ほか訳『自由論の系譜――政治哲学における自由の観念』(行人社, 1987年)
  • J. S. Mill, On liberty in Focus, co-edited with G. W. Smith, (Routledge, 1991).
泉谷周三郎・大久保正健訳『ミル『自由論』再読』(木鐸社, 2000年)

関連項目[編集]