ジョン・ガワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ガワーJohn Gower, 1330年頃 - 1408年)は中世イングランド詩人。詩作には英語中英語)・フランス語古フランス語)・ラテン語を用いた。

ケント州の富裕な家の生まれと言われている。リチャード2世およびヘンリー4世のもとで宮廷詩人として活躍し、同時代人のジェフリー・チョーサーとも交友があった。チョーサーはその詩『トロイルスとクリセイデ』の中でガワーを「道徳的」と評している。ロンドン南東部のサザク大聖堂に墓がある。

シェイクスピアの『ペリクリーズ』は、ガワーの代表作『恋する男の告解』に含まれる挿話に基づいており、詩人が語り手となっている。

作品一覧[編集]

  • 『瞑想する者の鏡(Mirour de l'Omme, or Speculum Hominis, or Speculum Meditantis)』(フランス語、1376年頃 - 1379年)
  • 『叫ぶ者の声(Vox Clamantis)』(ラテン語、1377年 - 1381年)
  • 『恋する男の告解(Confessio Amantis)』(英語、1386年頃 - 1393年)
  • Traité(フランス語、1397年)
  • Cinkante Balades(フランス語、1399年 - 1400年)
  • Cronica Tripertita(ラテン語、1400年頃)
  • 『平和礼賛(In praise of peace)』(英語、1400年頃)

日本語訳[編集]

  • ジョン・ガワー(伊藤正義訳)『恋する男の告解』篠崎書林、1980年 ISBN 9784784100750