ジャーニー・ベク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャーニー・ベク(جانى بيك خان, Jānī bīk Khan, ? - 1357年)は、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の第12代当主(ハン、在位:1342年1357年)。ジャニベク・ハンとも呼ばれる。先々代のウズベク・ハンの息子。先代のティーニー・ベク・ハンの同母兄弟で、母はウズベク・ハンの4人いた正妃(ハトゥン)のうち第一正妃で大ハトゥンであったタイ・ドゥラ(タイトゥグリー)であった。バトゥの6世の子孫にあたる。

名前の「ジャーニー」とは、ペルシア語で「魂」「親愛さを」を意味する「ジャーン」جان jān から派生した「霊」「精神」という意味の単語「ジャーニー」(جانى jānī)に由来しており、兄のティーニー(「肉体の」「有形の」の意味)と対になる意味の単語である。

1334年頃にウズベク・ハンの宮廷を訪れたイブン・バットゥータ旅行記には、両兄弟について述べられており、ジャーニ・バク جان بك Jāni bak と書かれている。敬虔なムスリムとして知られた人物で、異教徒たちの寺院を破壊し、モスクマドラサを建設して父ウズベクが推進していた国内のイスラーム化に尽力したという。バトゥータによると、彼のイスラームについての教育はサイイド・シャリーフ・イブン・アブドル=ハミードという人物だったようで、バットゥータは宮廷では彼らジャーニー・ベク配下のムスリム高官たちから主人ジャーニー・ベクの方が人格的により好ましいからと勧められ、彼の帳戸に滞在していた。

カッファ包囲[編集]

ジャーニー・ベクはジェノヴァが領有するクリミア半島の都市カッファを占領するため数度の攻撃をかけるが、1347年にカッファを包囲した際、軍内にペストが蔓延して撤退を余儀なくされた。いざ撤退しようとするとき、ジャーニー・ベクはジェノヴァ軍に呪詛の言葉を叫んで、ペストに感染した兵の死骸を町の中に投げ入れたという。

この事件はイタリア人ガブリエーレ・デイ・ムッシのに基づいているが、当時デイ・ムッシはカッファ包囲戦には参加しておらず、イタリアのピアチェンツァにいた。そのため、デイ・ムッシは伝聞を元に証言した可能性が高いと指摘されており、ジャーニー・ベクが実際にそのような行為に出たかの真偽は定かではない。

参考文献[編集]

先代:
ティーニー・ベク
ジョチ・ウルス
1342年 - 1357年
次代:
ベルディ・ベク