チョバン朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チョバン朝(ちょばんちょう)は、現在のイランイラク地方を支配した王朝(1340年 - 1357年)。

イルハン朝は第7代君主・マフムード・ガザンと第8代君主・ムハンマド・オルジェイトゥの時代に全盛期を迎えた。アブー・サイードの没後は有力アミールチョバンがアブー・サイードを輔弼するが、1327年にチョバンはアブー・サイードと対立して粛清された。

アブー・サイードが1335年に死去すると、イルハン朝は無政府状態となる。その中でスルドゥス部で勢力を蓄えていたチョバンの孫・シャイフ・ハサン(小ハサン)はイルハン朝の傍系にあたるサティ・ベク英語版スライマーン英語版を擁立し、アゼルバイジャン地方に勢力を拡大した。ジャライル部のタージュ・ウッディーン・ハサン・ブズルグ(大ハサン)と抗争してさらに勢力を拡大したが、1343年に暗殺された。

君主の死でチョバン朝は混乱し、内紛の末にシャイフ・ハサンの弟のアシュラフが継いだ。アゼルバイジャンへの勢力拡張を図っていたジョチ・ウルスはこれに応じて大軍を率いて侵攻し、敗れたアシュラフは捕らえられて殺害され、チョバン朝は滅亡する。

歴代君主[編集]

  1. シャイフ・ハサン(在位:1340年 - 1343年)
  2. アシュラフ(在位:1343年 - 1357年) - シャイフ・ハサンの弟