ジャニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャニーズ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポップス
活動期間 1962年4月 - 1967年11月20日
レーベル ワーナーブラザーズ(1967年)
メンバー
真家ひろみ
飯野おさみ
中谷良
青井輝彦

ジャニーズ (Johnny's)は、かつてジャニーズ事務所から最初にデビューを飾った日本のアイドルグループである。便宜上「初代ジャニーズ」・「元祖ジャニーズ」と呼ばれることもある。 1962年4月結成。1967年11月20日解散。

ジャニーズはジャニーズ事務所の略称でもあり、ジャニーズ事務所所属タレントの総称。派生語として「ジャニーズ系」という言葉がある。これはあくまでも容姿の系統をさす言葉であり、意味合いとしては所属タレントを連想させられるような『カッコ良くて可愛い感じの顔』であり、必ずしも「ジャニーズ系」≠「イケメン」という定義になるわけではない。

メンバー[編集]

真家ひろみ(まいえ ひろみ、本名・真家弘敏、リーダー)
1946年11月1日 - 2000年3月6日東京都渋谷区出身。東京商業高等学校日本大学芸術学部
飯野おさみ(いいの おさみ、本名・飯野修實)
1946年8月23日 - 。愛知県渥美郡(現・田原市)出身。東京都立農業高等学校日本大学芸術学部
中谷良(なかたに りょう、本名・中谷良三)
1947年9月18日 - 。東京都渋谷区出身。堀越高等学校日本大学芸術学部
青井輝彦(あおい てるひこ、本名、1967年から「あおい輝彦」に改名)
1948年1月10日 - 。東京都杉並区出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校日本大学芸術学部

概要[編集]

  • もともとはアメリカの日本人でアメリカ大使館軍事顧問団で通訳などの仕事をしていたジャニー喜多川(喜多川 擴)が、自分の住んでいた代々木の占領アメリカ軍宿舎「ワシントンハイツ」の近所に住んでいた子供たちを集めて野球を教え始めた事がすべての発端である。チーム名は、本人のニックネーム「ジャニー(Johnny)」[1]からとって「ジャニーズ(Johnny's)」と名付けられた。喜多川はこのジャニーズから4人の少年を選抜、一緒に映画『ウエストサイドストーリー』を鑑賞し衝撃を受けると同時に、これをきっかけにエンターテインメント事業への参入と4人のデビューを考え始めた。
  • 1962年4月に結成。当初は芸能プロダクション「新芸能学院(現:名和プロダクション)」に在籍していたが、6月に喜多川が「ジャニーズ事務所」を創業。同事務所初の所属タレント(なお、当時ジャニーズ事務所は渡辺プロダクションと提携していたため、所属タレントと同様の扱いとされており、当時の渡辺プロの資料ではジャニーズが記載されている場合もある。)。
  • 1962年8月、NHK総合夢であいましょう』で田辺靖雄のバックとして芸能界デビュー。
  • 1963年1月、日劇『第19回ウエスタン・カーニバル』の伊東ゆかり(当時:伊藤ゆかり)の『ロコモーション』のバックを務める。
  • 1964年12月、『若い涙』でレコードデビュー。以後、『太陽のあいつ』や『涙くんさようなら』などの代表曲を残す。
  • 1965年12月31日に放送された『第16回NHK紅白歌合戦』に出場し、『マック・ザ・ナイフ』という曲を披露した。同曲は1960年の紅白で雪村いづみも歌った事のあるジャズ・ナンバー。
  • 1966年8月28日、本格的なダンスレッスンをする為に渡米。その後ワーナーブラザーズとの契約が決まり、予定の3ヶ月という滞在期間を延長してLPレコードのレコーディングを開始。その中から2曲を全世界に向けてシングルリリースした。プロモーションフィルムまで制作していたが、スケジュールの都合で発売を中止して日本へ帰国することとなった。
    尚、レコーディングした楽曲の中の一曲『Never My Love』は、元々作者である「アドリシ・ブラザーズ」がレコーディングしたが当時はヒットしなかった。ジャニーズのLPのお蔵入りが決まった後にアメリカの人気ソフトロックバンド「アソシエイション」によって1967年に発売され、今度は全米チャート(キャッシュボックス)第1位の大ヒットを記録している(Billboard Hot 100では最高2位)。ジャニーズ版『Never My Love』は2013年現在も発売されていないが、あおい輝彦がソロで歌唱したものが1976年に自身のライブアルバムに収録された。また、事務所の後輩であるフォーリーブスが1972年にアルバム『スーパー・プレゼント』収録曲としてカバー。A.B.C-Zもシングル曲として発売する予定[2]
  • 1967年1月5日に日本へ帰国。 ジャニーズにとって最後のミュージカル『いつかどこかで〜フォーリーブス物語』の公演や、シングルレコードを2枚リリースした後、同年11月20日、渋谷公会堂でのコンサートを最後に解散した。 しかし、2年後の1969年12月13日に日本劇場で行われた「オールスター・歌の祭典」にて、1日限りで再結成された。

解散後・その他[編集]

真家ひろみ[編集]

リーダーだった真家は、解散後に「真家宏満」、さらに、後に作家の故・池波正太郎から命名された「立花正太郎」へと、2度の改名をしている。そして俳優業や、ワイドショーの司会などをしばらくこなしていた。元宝塚歌劇団54期生で、声楽家・ソプラノ歌手の白河かほると結婚し、2人で個人事務所「(有)真家企画」を設立。1982年からはタクシー運転手に転職し、その模様が「ザ・ノンフィクション」や、猪瀬直樹の著書『あさってのジョー』(文庫化の際に『二度目の仕事』に改題)で取り上げられた事がある。しかし、2000年3月6日午前2時55分、心筋梗塞の為に新宿区の病院で逝去した。享年53。

飯野おさみ[編集]

解散後に渡辺プロに移籍。そして、アメリカ留学を経て、1972年に「劇団四季」に入団し、ミュージカル俳優に転向した。元劇団四季の女優・末次美沙緒と結婚。子供をもうけるものの、その後離婚し、現在は一般女性と再婚している。また、タレントの飯野めぐみは実の娘である。

中谷良[編集]

歌唱力に長けていた中谷は渡辺プロに移籍してバンドを結成。ジャニーズ解散直後の1967年12月にフジテレビの音楽番組『ミュージックフェア』にソロで出演したが、その後は活躍する事無く終息。その後は大阪に出向いて振付師の山田卓の元へ身柄を預け、2年間に渡りナイトクラブを回って演奏活動をしていた。また、後輩・郷ひろみのサマーフェスティバルにゲスト出演した事もあった。 そして1989年、暴露本『ジャニーズの逆襲』を発表。1992年には、フォーリーブス北公次の主演映画『怪獣の観た夢』に出演した。なお、堀越高等学校の芸能人生徒の第一号である。

あおい輝彦[編集]

解散後も順調に歌手や俳優としてキャリアを積み、活躍している。ソロ転向後も、『あなただけを』が大ヒット、代表曲となった。俳優としては『水戸黄門』の助さん役、声優としては『あしたのジョー』の矢吹丈が有名。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

ジャニーズ
  • 1964年
  • 1965年
    • 5月 『若い夜 c/w 若いんだもん』
    • 6月 『焔のカーブ c/w ぼくらのでっかい袋』
    • 6月 『ガール・ハッピィ c/w チキン・オブ・ザ・シー』
    • 10月 『栄光のマーチ c/w ぼくの瞳に君がいる』
    • 『流行歌コンパクト盤4曲組』(若い涙/ぼくの手袋破れてる/若い夜/若いんだもん)
  • 1966年
    • 1月 『君が若者なら c/w ひとりぼっちになったとき(中谷良ソロ名義)』
    • 4月 『泣いていたジェニー c/w 涙くんさようなら』
    (B面はジョニー・ティロットソン、坂本九和田弘とマヒナスターズジュディ・オングとの競作。後に中島裕翔が、『涙くんさようなら』をカバーしている)
    • 5月30日 『バットマン c/w 行け!バットマン』
    (演奏:ジャッキー吉川とブルーコメッツフジテレビのドラマ『バットマン』主題歌。)
    • 8月 『オーイわーいチチチ (NTVの同名テレビドラマの主題歌) c/w もう7時だよ』
    • 10月 『霧の夜の哀愁(青井輝彦ソロ名義) c/w 若者の帽子(飯野おさみソロ名義)』
    • 10月 『時計をとめて(青井輝彦ソロ名義) c/w 淋しさはどこから』
    • 『流行歌名曲シリーズ4曲組』(泣いていたジェニー/涙くんさようなら/君が若者なら/ひとりぼっちになったとき)
  • 1967年
    • 4月 『太陽のあいつ(TBSの同名テレビドラマの主題歌) c/w ロンサムガール』
    • 9月 『いつか何処かで c/w 素敵な恋人』
    • 10月 『若い日本の歌(第22回文部省芸術祭参加作品) c/w 日本の朝』(解散後のリリース)
中谷良
  • 『悲しきティーンエイジ・アイドル c/w カモン・バック・トゥ・ザ・ツイスト』
    1977年5月、ブラックレコード。A面の作詞作曲宇崎竜童。)

アルバム[編集]

  • 1966年
    • 『ジャニーズとアメリカ旅行 〜ジャニーズショウ実況録音』

シングル(日本国外盤)[編集]

  • 1966年
    • 『Nothing Sacred c/w I Remember』(The Johnnys名義)

ソノシート[編集]

  • 1965年
    • 『ハロー・ジャニーズ』(ソノシート盤)(ぼくの瞳に君がいる/栄光のマーチ/チキン・オブ・ザ・シー/ガール・ハッピィ)
  • 1966年
    • 女学生の友」1966年4月号特別付録『女友シート・ジャニーズのないしょ話公開』

主な出演作品[編集]

テレビ[編集]

ジャニーズ
真家宏満
メイン司会である木元教子のアシスタントとして、毎週水・木・金曜の3日間サブ司会を務めた。

テレビドラマ[編集]

真家宏満
立花正太郎

映画[編集]

ジャニーズ
真家宏満
  • 1969.07.05 『ひばり・橋の花と喧嘩』(松竹大船)深作直助役
  • 1970.01.31 『戦いすんで日が暮れて』(松竹大船)西郷大一郎役
  • 1970.07.01 『花の不死鳥』(松竹大船)
  • 1970.09.15 『喜劇 あゝ軍歌』(松竹大船)若者役
  • 1977.08.20 『東京チャタレー夫人』(日活ロマンポルノ)加納達則役
  • 1977.10.22 『杳子』(ゾディアック・コーポレーション、16ミリ映画)杳子の恋人役

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1965年 第16回「マック・ザ・ナイフ」

ミュージカル[編集]

舞台[編集]

真家宏満

主なステージ[編集]

  • 第19回新春ウエスタン・カーニバル(1963年1月14日 - 21日、日本劇場
  • 第20回ウエスタン・カーニバル(1963年5月5日 - 12日、日本劇場)
  • 第21回ウエスタン・カーニバル(1963年9月2日 - 8日、日本劇場)
  • 第22回新春ウエスタン・カーニバル(1964年1月14日 - 2月21日、日本劇場)
  • 第23回ウエスタン・カーニバル(1964年5月5日 - 12日、日本劇場)
  • 第24回ウエスタン・カーニバル ~ ペギー・マーチがやってきた(1964年8月26日9月1日、日本劇場)
  • 第25回新春ウエスタン・カーニバル(1965年1月14日 - 21日、日本劇場)
  • 第26回ウエスタン・カーニバル(1965年5月5日 - 12日、日本劇場)
  • 第27回ウエスタン・カーニバル(1965年8月28日 - 9月3日、日本劇場)
  • ザ・ピーナッツのショーに出演(1965年9月、梅田コマ・スタジアム
  • ジャニーズ・ショー(1965年12月22日 - 24日、日本劇場)
  • 第28回新春ウエスタン・カーニバル(1966年1月15日 - 21日、日本劇場)
  • ジャニーズリサイタル(1966年、日生劇場
  • 第29回ウエスタン・カーニバル(1966年5月5日 - 12日、日本劇場)
  • 第30回ウエスタン・カーニバル(1966年8月27日、日本劇場)
  • 第31回新春日劇ウエスタン・カーニバル(1967年1月15日 - 21日、日本劇場)
  • 第32回ウエスタン・カーニバル(1967年5月5日 - 12日、日本劇場)
  • 第33回ウエスタン・カーニバル (1967年8月26日 - 9月1日)
  • ピーナッツ・ホリデイ〜ジャニーズと共に!(1967年9月2日 - 8日、日本劇場)
  • 解散コンサート(1967年11月20日、渋谷公会堂
  • オールスター・歌の祭典(1969年12月13日、日本劇場)1日限りの再結成ステージ

書籍[編集]

中谷良
  • ジャニーズの逆襲(1989年10月、データハウス)
立花正太郎

脚注[編集]

  1. ^ 本名のJohnのニックネームの米国式発音による。なお、Johnnyの日本語表記は、通常、殆どの場合は英国式発音によって「ジョニー」とされる。
  2. ^ “(cache) 41年ぶり復活!A.B.C-Z“幻の全米1位曲”歌う”. SANSPO.COMウェブ魚拓によるキャッシュ). (2013年10月7日). http://megalodon.jp/2013-1208-1613-47/www.sanspo.com/geino/news/20131007/joh13100705060000-n1.html 2013年12月8日閲覧。 

関連項目[編集]