ジム・サンボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジム・サンボーン(Jim Sanborn、本名Herbert James Sanborn Jr、1945年 - )は、アメリカ合衆国彫刻家バージニア州ラングレーにある中央情報局(CIA)本部に置かれている作品クリプトスを製作したことでよく知られている。

生い立ち[編集]

ワシントンD.C.出身。父親はアメリカ議会図書館の展示責任者[1]、母親はコンサートピアニストで写真の研究家である。彼はバージニア州のアレクサンドリアアーリントンで育ち、フェアファックスのJ. E. B. Stuart High School 、Randolph-Macon Collegeに通って、1968年に古生物学ファインアート社会人類学の学位を受けた。その後1971年にプラット・インスティテュートで彫刻の修士号を得た。彼はメリーランド州ロックウェルのMontgomery Collegeで教鞭をとり、その後9年間はグレンエコーパークで在住芸術家として働いた[2]

作品[編集]

サンボーンの作品は、ハイ美術館ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アートコーコラン美術ギャラリーハーシュホーン博物館と彫刻の庭等に展示されている。またマサチューセッツ工科大学、中央情報局、海洋大気庁のためにも作品を製作している[3]。彼の作品のテーマは「見えないものを見せる」で、多くの作品で磁力コリオリ力、隠されたメッセージ、原子核反応の謎等に焦点が当てられている[4]

クリプトス[編集]

ラングレーのCIA本部にあるクリプトス

クリプトスは、サンボーンにとって初めての暗号を用いた作品である。1990年11月3日からバージニア州ラングレーにある中央情報局(CIA)本部に置かれている。

この彫刻は、表面に印刷された2000文字のアルファベットを解読しようとする人に対して、謎を与え続けている。クリプトスが設置されて以来、4部のうち3部までが解読されたが、残りの97文字を解読できた者はいない[5]。彼はまた、完全に解読される前に彼自身が死んだ場合、解答を検証するために「ある種の歴史的な記録」が後に残されると述べている[6]

文学[編集]

サンボーンは、In Atomic Time: Pure Science and Sculptureという著書を著している。この本には、マンハッタン計画から着想を得たAtomic Time: Pure Science and Seductionという作品の詳細な写真が含まれている[7]

受賞など[編集]

  • 1982 National Endowment For The Arts Fellowship
  • 1983 Kawasaki International Sculpture Symposium, Kawasaki Japan.
  • 1984 Virginia Commission On The Arts Fellowship.
  • 1986 National Endowment For The Arts Fellowship.
  • 1987 Kaoshiung Taiwan International Sculpture Symposium, Kaoshiung Taiwan.
  • 1988 Awards In The Visual Arts Grant.
  • 1988 Louis Comfort Tiffany Foundation Grant.
  • 1990 Art Matters Inc. Grant.
  • 1991 Virginia Museum Fellowship.
  • 1992 Virginia Commission On the Arts Grant.
  • 1992 Pollack Krasner Foundation Grant.
  • 1994 Virginia Commission on The Arts Grant.
  • 1997 Sirius Project Residency, Cork Ireland. [8]

出典[編集]

  1. ^ “Sculptor Jim Sanborn gets wealth of ideas from the likes of 'Wealth of Nations'”. The Washington Post. (2010年8月15日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/08/12/AR2010081206830.html?wprss=rss_print/style 2010年8月15日閲覧。 
  2. ^ Dunin, Elonka. “Jim Sanborn”. 2009年12月14日閲覧。
  3. ^ James Sanborn”. Cultural Programs of the National Academy of Sciences. National Academy of Sciences. 2009年10月26日閲覧。
  4. ^ Dunin, Elonka (2009). “Art, Encryption, and the Preservation of Secrets: An interview with Jim Sanborn”. In Daniel Burstein & Arne de Keijzer (editors). Secrets of the Lost Symbol: The Unauthorized Guide to the Mysteries Behind The Da Vinci Code Sequel. Harper Collins. pp. 294–300. ISBN 9780061964954. 
  5. ^ Kryptos Story”. Central Intelligence Agency (2007年4月30日). 2009年10月27日閲覧。
  6. ^ Zetter, Kim date=2005-01-05. “Questions for Kryptos' Creator”. Wired. 2009年10月29日閲覧。
  7. ^ Sanborn, Jim (01-02-2004). Jonathan P. Binstock. ed. Atomic Time: Pure Science and Seduction. Corcoran Gallery of Art. ISBN 0886750725. http://www.amazon.com/Jim-Sanborn-Atomic-Howard-Morland/dp/0886750725 2009年10月25日閲覧。. 
  8. ^ Sanborn Resume”. PDF. Irvine Contemporary. 2009年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]