ジェイムズ・ドナルド・キャメロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・ドナルド・キャメロン

ジェイムズ・ドナルド・キャメロン(James Donald Cameron, 1833年5月14日 - 1918年8月30日)は、アメリカ合衆国政治家ユリシーズ・グラント政権で第32代アメリカ合衆国陸軍長官を務め、その後は連邦上院議員を20年間務めた。

生い立ちと初期の経歴[編集]

1833年5月14日、キャメロンはペンシルベニア州ミドルタウンにおいて誕生した[1]。キャメロンは1852年プリンストン大学を卒業し、続いて1855年に大学院の学位を取得した[2]

キャメロンは銀行の事務員として就職し、現金出納係を務めた[2]。キャメロンはその後、1866年から1874年までノースセントラル鉄道の社長を務めた[2]

アメリカ合衆国陸軍長官[編集]

1876年、キャメロンはユリシーズ・グラント大統領から陸軍長官に指名された[3]。キャメロンは司法長官に横滑りしたアルフォンソ・タフトに後任として着任し、グラント政権の任期満了まで陸軍長官を務めた[3]

アメリカ合衆国上院議員[編集]

連邦上院議員時代のキャメロン

1877年、キャメロンの父親が連邦上院議員を辞任すると、キャメロンはペンシルベニア州議会によって欠員充当のため、後任の連邦上院議員に選任された[2]。その後キャメロンは、3期続けて再任され、最終的に連邦上院議員を20年間務めた[2]。キャメロンは1881年から1891年まで上院海軍委員会委員長、1893年から1895年まで上院革命請求委員会委員長、1895年から1897年まで再び上院海軍委員会委員長を務めた[2]

キャメロンはまた、1879年から1880年まで共和党全国委員会委員長を務めた[2]。キャメロンは1896年に再任指名を受けず、翌1897年3月に連邦上院議員を退任した[2]

晩年[編集]

キャメロンは連邦上院議員を退任後、ペンシルベニア州ハリスバーグの商社を渡り歩いた[2]1918年8月30日、キャメロンはペンシルベニア州ランカスター郡の別荘「ドニゴール」で死去した[1]。キャメロンの遺体はペンシルベニア州ハリスバーグのハリスバーグ墓地に埋葬された[1]

家族[編集]

父親は第26代アメリカ合衆国陸軍長官サイモン・キャメロン。母親はマーガレット・ブルーア (Margaret Brua, 1803-1874) であった。

1856年5月20日、キャメロンはペンシルベニア州ミドルタウンにおいて、メアリー・マコーミック (Mary McCormick, 1834-1874) と結婚した。キャメロンはメアリーとの間に以下の子供をもうけた。

  1. エリザ・マコーミック・キャメロン (Eliza McCormick Cameron)
  2. ヴァージニア・ロレット・キャメロン (Virginia Rolette Cameron)
  3. ジェイムズ・マコーミック・キャメロン (James McCormick Cameron)
  4. メアリー・キャメロン (Mary Cameron)
  5. マーガレッタ・ブルーア・キャメロン (Margaretta Brua Cameron)
  6. レイチェル・バーンサイド・キャメロン (Rachel Burnside Cameron)

1878年5月9日、キャメロンはオハイオ州クリーブランドにおいて、エリザベス・バンクロフト・シャーマン (Elizabeth Bancroft Sherman, 1857-1944) と結婚した。キャメロンはエリザベスとの間に以下の子供をもうけた。

  1. マーサ・キャメロン (Martha Cameron)

注釈[編集]

  1. ^ a b c The Political Graveyard(英語)
  2. ^ a b c d e f g h i Biographical Directoy of the United States Congress(英語)
  3. ^ a b U.S. Army Center Of Military History(英語)

外部リンク[編集]

公職
先代:
アルフォンソ・タフト
アメリカ合衆国陸軍長官
1876年5月22日 - 1877年3月4日
次代:
ジョージ・ワシントン・マクラリー