シー・シャドウ (実験艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シー・シャドウ
艦歴
発注 1982年10月22日
就役 1985年3月1日
状態 2006年9月より保管状態
性能諸元
排水量 563 t / 572t
全長 50m
全幅 21m
喫水 4.6m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式 2基 2軸推進
速力 10 ノット
乗員 12名
武装 なし

シー・シャドウ(Sea Shadow, IX-529)は海上におけるステルス技術研究のために建造されたアメリカ海軍の実験艦である。製造はロッキードが行った。

開発[編集]

艦の建造は1982年より開始された。艦の目的は、洋上におけるステルス技術研究を中心として、人員削減に結びつく省力化や艦の構造など多岐に渡るものであった。艦の開発にはアメリカ海軍とロッキードのほか、国防高等研究計画局も加わっていた。

艦の建造はサンフランシスコ近郊のレッド・ウッドで行われ、当地の浮きドック・HMB-1内で、建造と試験が行われた。なお、完成は1985年である。

外観[編集]

艦の外観は非常に奇抜であり、従来の一般的な船のデザインとはかけ離れている。双胴のSWATH船型であり、水線部より上は、横断面が直線的な山なりの構造をしている。また、真上から見ると、細長く伸ばされた六角形に近い形状となっている。艦体には突起物はほとんどなく、通常の船舶のような甲板もなく、艦橋を除き窓もほとんどない。なお、SWATH船型は安定しており、シーステイト6の非常に荒れた海上においても安定性を保つことができた。

なお、SWATH船型と水中翼を用いた安定性確保の技術は、ビクトリアス級音響測定艦インペカブル級音響測定艦の開発に活かされている。

シー・シャドウの存在は公開されることなく、実験が行われていたが、1994年に実験の終了とともにその存在が公開された。しばらく、サンディエゴで保管されていたが、1999年に次期戦闘艦であるズムウォルト級ミサイル駆逐艦などの開発のサポートのために再就役している。

2006年9月には試験は終了し、浮きドック・HMB-1に収容され、博物館などの引き取り手を捜している状態にあった。

サンディエゴの港にHMB-1ごと係留されていたが、移動され、他の軍艦と一緒にモスボール状態で係留されているのが確認されている。GoogleMap写真(ページ中盤に画像あり)

2012年5月段階で、GSA(米連邦政府一般調達局)の一般競売サイトにて競売にかけられている。米海軍に拠ると「実用・研究の双方で役に立っていない同船を維持していくのは費用対効果的によろしくない」「唯一の方法は、廃棄してリサイクルすること」とされ、ただし軍事機密なども鑑みて「完全に解体してスクラップ資材)とする」「(現在係留されている)カリフォルニア州の軍施設まで引き取りに来る」ことが条件となっている。落札の際はHMB-1が付属品としてついてくる。最低落札価格は一万ドル。入札期限はアメリカ東部時間5月4日午後6時。

関連項目[編集]

劇中の悪役の船のモデルになったとされている。

外部リンク[編集]